輝泉

投稿日:2012/05/03 06:53:58 | 文字数:461文字 | 閲覧数:85 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

この小説を曲化などしてくれる方は是非!

ボイドラとして使ってやってもくださいな!(使ってくださいと言う意味)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

輝泉

作:落雷
※この小説は絵本風です
読み方:キゼン


「わあ~!」
森の中の出来事でした。

緑の髪の女の子は泉の綺麗なところにいました。

「綺麗な水だ~」

7歳の小さな女の子は興味津々(きょうみしんしん)でした。
彼女の村は小さく、暮らすのには文句はないがそれほど金持ちなんていませんでした。
そのせいで服も家もボロボロでした。

女の子は靴を脱ぎ、ポチャンと音をたて方足を入れて見ました。

するとなんということでしょう。
泉が輝きだしたのです。

「わっ…」
女の子は光の泉に落ちてしまいました。


村の人たちは必死で女の子を探しました。
ですが全然見つかりませんでした。
そして見つかったのは…9年後でした。



―――――――――――――
あとがき
ここまで見ていただきありがとうございました。
まだ続くかも知れません。
まあそこは続きを見たい人が現れたらにします。

ついでにこの小説を

曲にしてくれる方
歌詞を書いてくれる方募集します。
あ、別にボイドラに使っていただいてもかまいません。

絵を描いてます。

男性をメインに1枚絵ばかり描いてます。

イラスト使用時には名前表記をお願いします。「落雷天嫁」と記入してください。

素材や絵の再配布、自作発言NG

イラストや素材の加工(合成、色変更、サイズの変更、一部切り取り)などは基本自由です。
他者様の作品と一緒に使っていただいて構いませんが、他者様の了承を確認してからお願いします。

報告は事後報告でも可。
強制ではありません。ですが、報告していただけると嬉しいです。

ピアプロへのIN率は高くないので、急ぎの用事がある方はついった(@rakurai284)までお願いします。

・pixiv・ニコ生での活動もしております。どちらもお手数ですが落雷天嫁で調べていただけると出てくると思われます。

イラストの直し等は極力受けますがデータが手元に無い場合がございますので時間がかかる&絵柄が違う場合がございますごめんなさい。

これからも落雷をよろしくおねがいします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP