KAosの楽園 第3楽章-005

投稿日:2010/10/20 17:33:02 | 文字数:2,976文字 | 閲覧数:210 | カテゴリ:小説

ライセンス:

・ヤンデレ思考なKAITO×オリジナルマスター(♀)
・アンドロイド設定(『ロボット、機械』的な扱い・描写あり)
・ストーリー連載、ややシリアス寄り?

↓後書きっぽいもの





 * * * * *
第3楽章、終了です! やっと『カイマス』成立したよー!
なんか終わろうと思えばここで終わってもOKっぽいラストですね、これ。
でももうちょっと続くのです。お付き合いいただけると幸せです(*゜ー゜*)

しかしこれ、当たり前ですが來果の心情が書けなくて困りました;
なんとか第4楽章で補完できるかなぁ。それか番外編で來果サイド書くか?って需要はあるのかそれ。
もしどーーーしても書きたくなったら、最後の手段はブログにUPですねー。

*****
ブログで進捗報告してます。各話やキャラ設定なんかについても語り散らしてます
『kaitoful-bubble』→ http://kaitoful-bubble.blog.so-net.ne.jp/

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「貴女が好きです」



 * * * * *

【 KAosの楽園 第3楽章-005 】

 * * * * *



流れる涙が熱かった。胸が喉が締め付けられて、苦しくて。考える余裕なんて無く、思いは言葉に変換されて溢れ出る。

「ずっと、ずっと。貴女が笑ってくれると嬉しくて、ただ傍に居るだけで幸せで、触れてもらえるとどきどきして。触れたくて、抱き締めたくて、堪らなかった」

視界が潤んで何も見えない。胸苦しさに喘いで、両腕で我が身を抱き締める。
苦しくて、怖くて、砕け散りそう。
これはもう、≪VOCALOID≫が当たり前に抱く、マスターへの慕情じゃない。病んだ心が渇望する、狂気じみた執着でもない。行き過ぎた想い、赦されない願い。それでも、ただ、

「ごめんなさい。こんなこと、人間ではない俺には不相応で、間違ってるって思います。それでも、ごめんなさい、どうしても――貴女が、好きです。本当に、ただどうしようもなく、」
「カイト」

そっと呼び止められたと思うと、あたたかなものが唇に触れた。
再び目を見開けば水膜は流れ落ち、視界一杯に扇を描く睫毛が映る。何か言おうとしたけれど、口は柔らかく塞がれていた。

「――ありがとう。私も、カイトが、好きだよ。本当に、ただどうしようもなく」
「マス、っ」

潤んだ瞳で、はにかんだ笑みで、そんな事を言われて。
驚きと喜びのあまりに、一瞬回路が飛んだ。フリーズしかけてバランスを崩す身体を、慌てた様子で支えられる。

「ちょ、カイト?! どうしたの大丈夫っ?」
「だ、大丈夫です……吃驚した、爆発するかと思いました。はっ、『リア充爆発しろ』ってこういう事?」
「よくわかんないけど違うと思うよ」

サクっとツッコまれてマスターを見ると、目が合った途端に吹き出された。小刻みに肩を震わせながら、俺の胸に頭を預けて笑う。

「そっかー、爆発しそうになっちゃうなら、もう言えないなぁ。あ、キスも駄目?」
「えっちょっ、大丈夫です平気ですから言ってください、キスもっ」

あんまりな台詞に、うっかり本音がダダ漏れになる。全力で大慌ての俺を見て、マスターはまた笑い声を上げた。金の鈴が鳴り響くように。

「ちょ、マスター! 笑い事じゃないですよ、俺は真剣ですっ」
「あはははははっ! う、うん、わかるよ。真剣、~~~っ」

笑いすぎて声も出ないらしい。酷くないですかマスター、ここ笑うところですか?
情けなく眉尻を下げながら、身を苛んでいた重苦しさが綺麗に消えている事に気が付いた。マスターの笑い声に吹き飛ばされてしまったように、さっきまでの深刻な空気は微塵も残っていない。

マスターは触れてくれた時のまま、俺の目の前に身を寄せたまま。その背に、そぉっと腕を回してみた。恐る恐る、だけど確かめるように。
気の遠くなるような一瞬の果て、拒絶の声は上がらなかった。マスターは頬を染めて俺の顔を見上げ、胸に身を預けてくれた。
その瞳を濡らしていたのは、笑い続けるあまりに浮かんだ涙だったのか。それとも――。



うん、笑いすぎた所為だね。
息を切らしたマスターが漸く笑い止む頃には、俺はすっかり不貞腐れていた。深刻さが消えて呼吸が楽になったのは良いけど、本気で真剣に言ったんだから。

「はぁ、疲れた。ごめんねカイト、なんかツボっちゃって」
「……いいですけど、本当に平気ですからね」
「っ、またそういうっ、……あぁもう、可笑しい」

肩を震わせるマスターに、俺はますます不貞てしまう。
それが初めての気持ちだと、気付いたのは少ししてからだった。
《ヤンデレ》の兆しが怖くて、嫌われるのも怖くて、俺はずっと自分を抑えてきた。『無理してイイコにしなくていい』って言ってもらった事もあったけど、それを嬉しいと思いながら。不貞腐れる、拗ねる、そんな我侭は絶対に認められず、端から否定してきたのに。

自分の変化に驚いて、だけどもっと驚く事に、俺はそれを怖いと思わなかった。今までだったら《ヤンデレ》の兆しかと怯え、下手をすれば強制終了さえ引き起こしたはずの事を、不思議と恐れる気持ちは無かった。
そういえば、この気持ちの発端だって『我侭』だ。マスターに何かをねだるなんて、ましてあんなことを望むなんて、到底できなかった事なのに、それに気付かないくらい自然に受け止めていた。

クスクスとまだ小さく声を立てるマスターを、ぎゅうっと抱き締めてみる。腕の中の愛しいひとは身動ぎをして俺を見上げ、目を細めて抱き返してくれた。

――あぁ。

涌き上がるこの感情を何と呼ぼう。躰全てに何かが満ちて、切ないような痺れに震える。狂おしく、けれど安らいで。泣き出したいような、叫びたいような、堪らないこの幸福を、何と呼ぼう?
『愛しいひと』、と。そう思う事を、俺はもう抑えなくていいんだ。不相応で間違った事かもしれないけれど、他の誰がどう思おうと、マスターは赦してくれたから。
そう想う俺を受け入れて、マスターも、俺を好きだって言ってくれたから。



 * * * * *



「あ、
「あの、すみません。ちょっと教えてもらいたいんですけど……」

例によって、図書館で。またあの男がマスターに声をかけようとするのを、俺はさらりと妨害した。
手には分厚い図鑑を持って、中を開いて指差して。本の中身に関する相談をしている体裁を繕えば、男はすごすごと離れていった。

「……諦めたみたいですね」
「かな? ありがとうカイト、ほんと助かるわ。あの人も変に近付いたりしないで、普通に必要な質問とかしてくれるんならいいんだけど」
「そうですね、それなら俺も多少は我慢するんですけど」

あくまでも『多少』だけど。……いや、ちょっとくらい、かな。……爪の先ほど?
内心でどんどん『我慢』のレベルが下がっていく俺を、隣でマスターが眺めている。顔には出してないつもりなんだけど、お見通しなのかな。だけどマスターは面白がる瞳で、だから俺も怯えたりはしなかった。

「それにしてもカイト、あの人が来るってよく分かったね。見てなかったよね?」
「≪VOCALOID≫ですから。この耳はその気になったらヒトの何倍もよく聞こえるし、聞き分けられるんですよ」
「そうなんだ。凄いねカイト、やっぱりハイテクだねぇ」
「何気に最先端の技術満載ですよ、俺達。ハード面もですけど、歌を理解する為に感情プログラムも最高レベルですし」

マスターに瞳を輝かせて感嘆の声を上げられると、胸いっぱいに誇らしさが満ちた。
俺は人間ではないけれど、けして人間には為れないけれど。それでも俺はこのひとの≪VOCALOID≫で、そして――

「――恋を識る事ができるほど、ですから」

言葉と共に浮かんだ笑みは、きっと俺が持ち得る最高のものだったと思う。息を呑んだマスターの頬が紅に染まって、そうして染み入るような微笑みを返してくれたから。



造られた存在だけれども、この想いは俺自身のものだから。それだけはほんとうだから、もう迷わずに胸を張れる。貴女が、認めてくれる限り。



<the 3rd mov-005:Closed / Next:the 4th mov-001>

【お知らせ】テキスト投稿が非常に使い辛いため、こちらでは歌詞や音源のUPとコラボ関係のみに縮小、以後の小説投稿はすぴばる&ピクシブへ移行します。

■小説メイン時々歌詞な字書き……だった筈が、動画編集やボカロ調声、作曲にまで手を出してます。どうしてこうなった。

□ブクマやコメント、有難うございます! 転げ回るほど嬉しいですヽ(*´∀`)ノ
□オールキャラ書くけど9割KAITO。
□使えるものがあればお気軽にどうぞ。使用報告だけお願いします^^ 歌詞については、良識の範囲内であればアレンジや部分使用など改変していただいて構いません。多忙な時期でなければ、ある程度の調整も承ります。

■シェアワールドコラボ主催してます。参加者様募集☆ http://piapro.jp/collabo/?id=15073
■ブログなど
・『藍色書棚 -アオイロショダナ-』http://ioliteshelf.blog.so-net.ne.jp/ (投下テキストのシリーズ別リンク)
・【pixiv】http://www.pixiv.net/member.php?id=2555381
・【ニコニコ動画】http://www.nicovideo.jp/mylist/29644728
・【VCLFAN.NET】https://vclfan.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=46
・【ツイッター】http://twitter.com/y_airu

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    お久しぶりになってしまいました、時給です。
    良いお話ですね、なんかしみじみしました。これは僕には書けない文章だなぁ。
    照れが先に立って書けないって事もあるんですが(男はこれだからダメっすねw)、それ以上に心理描写の細やかさが真似できない。
    ああ、湧き上がるこの感情を何と呼ぼう、の下りなんか特に秀逸だと思いました。小説と言うより詩的で、文章以上の事が表現されてるように思います。
    文体も滑らかで読みやすいです。シリアスなのに、所々に笑い所のある構成も良いですね。ホント心こもった文章って感じですなぁ。(´ー`

    來果サイド! 読んでみたい気はしますが、悶絶必至となりそうですねw もし執筆されて、UPしたのに僕がコメしなかったら、悶死したんだと思って下さい ←
    もう少し続くとのことで、次回を楽しみにさせて頂きます。
    今回も面白かったです!

    2010/10/21 18:52:13 From  時給310円

  • userIcon

    メッセージのお返し

    >時給310円さん

    こんにちは、また来ていただいてありがとうございます(*´∀`*)
    今回に限らず、告白とかくっついてるシーンを書くのは私も照れます(まずここで「ラブシーン」と書くのがもう恥ずかしいw)
    「湧き上がる?」の下りは自分でも気に入ってるので、褒めて頂いて嬉しいです!

    シリアスなのに笑いどころ……実は今回に関しては、兄さんの功績だったりしますw
    プロットの時点では、普通に告白して受け入れられてハッピーエンド、な感じだったんですが、本番で何故かいきなり爆発云々言い出されまして。
    え、あれ?と思いつつ、最後までシリアスに決まらないのが「らしい」なぁと思い、そのまま採用しましたw

    來果サイドは、極力本編でフォローを……と頑張ってみてます。
    でももし全編を來果サイドから見たら、確かに悶絶しそうです(いろんな意味で)

    楽しんでいただけて嬉しいです。次回もよろしくお願いします!

    2010/10/21 23:25:31 藍流

もっと見る

▲TOP