【がくルカ】memory【11】

投稿日:2012/06/11 16:28:03 | 文字数:2,046文字 | 閲覧数:1,014 | カテゴリ:小説

ライセンス:

「称号」

合宿編です!行きのバス内だと、皆テンション高いですよね。
そして双子が登場。生徒にレンがいるので、この学校は女子高じゃないことが判明しましたね。学校名はそのうち明かされる日がくるかと。
そして最近がくルカ要素がありませんね…お二人がイチャつく日をお楽しみに!←

そして途中で出てきた歌「僕らの夏に」はですね…一応オリジナルです。作詞センスがないですね、ハイ。

あ、合宿中はがっくんが白衣を着ているところはあまりないと思います。
着る場面は…少しはあるんじゃないかな。え?誰も聞いてないって?

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ここで何が起こる?




----------




「うおー、すげえ!」


クラスメイトである鏡音君――鏡音はこのクラスに二人いるので、レン君でいいだろう――が、窓を開けて叫んでいた。
はっきり言うと、うるさい。
でも、このバスの窓からみる景色は、本当に素晴らしいのだ。
山の新鮮な空気はとてもおいしい。
景色については、下のほうに見える街がとても小さく見える。
そして、山の緑色が深い。


「空気がうめえ!」


レン君は、テンションが上がっている。
だから気づかなかったのだろうか。少しずつ、黒い影が近づいていることに。


「ここでしばらく過ごせるとか最高だよな、リ――」
「やかましい!静かにしろ!」
「いってえ!」


レン君は、本の角で殴られた。
はい、毎度おなじみ神威先生です。
『白い鉄槌・チョークアタック五連撃(対やかましい子用)』(名づけたのは学園長だったような気がする)さすがに車内では無理らしい。


「あのさ…目の前で叫ばれる身にもなりなさい…そして優等生のルカさんを見習いなさい…」


もう一人の鏡音である鏡音リンさんは、頭を抱えていた。
双子なのにこんなに(中身に)差があるとは。とはいえ、うちの高校に合格するくらいだから、レン君も本気を出せば凄いんだけどね。
っていうかリンさん、私は優等生じゃないよ?


『近くで寝てるヤツはいないか?いたら起こしてやれ』


神威先生がマイクで呼びかける。
目的地まで、残り2㎞。その間、何故か皆で楽しめることをしようということになったので(学園長の提案)、寝ている人は起きなくてはならないのだ。
私は、隣で眠っているグミちゃんを起こす。うん、起きない。


「先生、グミちゃんが起きません」
『はいよ』


そう言うと、先生はマイクを置いてこちらへ歩く。
そして私の隣の席に座って寝ているグミちゃんの横に立って。


「ていやっ」
「うーん……魔王ごときがえらそうに…みんながくれたアイスの力、今ここでくらうがあああっ!?」」


チョップをかましました。
グミちゃん覚醒。
っていうか、何今の寝言。


「おはよう。いい夢は見れたか?」
「魔王に『おのれ!最後の砂糖をお前に奪われるとは…!またしても、セールで勝ち取ることができなかったか!次こそはお前に勝ってやるからな、覚えてろよ!夜道には気をつけるんだな!」とか言って去っていく勇者の夢を見てました…」
「まて。その設定だとさっきのセリフに合わんぞ」


何その夢。どう考えても勇者が悪役だよね。っていうか負け犬?


『これで全員起きたな。さて、目的地に着くまで、何かやりたいことはあるか?』


再びマイクを手にした神威先生が問いかける。


「歌う、とかはどうですか?」
「今、ここにSingerの称号持ってる人が歌うとか」


Singer。
うちの学校では、あるテストを一回だけ受け、合格と認定された人に与えられる称号がある。
そのうちの一つが、『Singer』。
Singerの称号を持つ者は、生徒に限らず教師にもいたりするとか。


「確かこのクラスだと、鏡音リンさんレン君はもってたよね」
「咲音さんも持ってたはず」
「緑川さんもそうだよね」
「ルカさんも持ってたよ」


リンさん、レン君、メイコは去年の時点で称号・Singerを取得していた。
リンさんとレン君には二つ名っぽいのがついてたような気がする。
グミちゃんは、転校してきてまだ二ヶ月しか立っていないのに、もう称号を取得している。やっぱりすごいよね。
そして、何故か私も持っている。あんまり知られてないけど。


「このクラスに五人か。凄いな」
「じゃあSingerの称号持ってる人、順番に歌ってー」
『勝手に決められてる…もうそれでいいよ…』
「神威先生も持ってるって、私は聞いたけどなー」
『何故知ってる』


神威先生持ってたんだ。初めて知った。
っていうか、リンさんはどこでそんな情報を仕入れてきたんだろう。


「じゃあ適当に、リンとレン。せっかくだし、二人で歌ってもらうか」
「うん…別にいいけど、恥ずかしいからサビだけでいい?」
「いいよ?」
「曲は?」
「『僕らの夏に』で」
「わかった」

『『♪描こう 黒のキャンバスに
   夏の芸術 空に輝く
   火花(たね)が集まり 弾けた先に
   暗闇に咲く 大輪の花』』


っていうか、なんだかんだ言いつつも楽しそうに歌うんだよね、あの二人。


『次は――っと、そろそろ目的地に着くので、また今度ということで』
「えー」
「私たちだけじゃん、歌ったの」
「なんか損した気分する。どうせだから、オレたち以外にも歌ってほしかった」


すごいブーイングだ。
どうせだから神威先生の歌を聞きたかったけど、仕方ないか。

まもなく、バスは到着する。
高校から遠く離れた地、自然に溢れた山に存在する、キャンプ場へ。

のほほんと生きる物書きです。
ギャグから真面目なものまでいろんなジャンルの小説を書いています。
…のはずが、最近はがくルカを書くことが多いです。


IN率低いです。
マイページ以外では「かなりあ荘」というコラボに出現します。

全体的にgdgdなものが多いです。
小説は、自己解釈もオリジナルもやってます。
だいたいはその場のノリで書いてます。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    リンレンキタアアアアアアアアアアアアアア!!!!!
    そして登場早々殴られるレン君ドンマイwww
    本の角で殴られるのっていたいよね。私はもっと硬い出席簿の角で殴られたことがありますwww
    ところでゆかり学園長、あなたネーミングセンス皆無だなwww冥界の主の次に皆無だなwww

    グミちゃんあんたいったいどんな夢見てるのさ!!?www勇者が悪役ってそれはアリなのか。
    あ、うろたんだーは基本そんな感じかwww
    にしてもつくづく面白い学校だなwww欲しいよ『Singer』の称号。歌なら自信あるよ?高校三年男児のくせして基本的に歌うのは超高音の悪ノ娘だぜ!!(誰も聞いてない

    今日わかったこと。がっくんは攻撃方法が多彩。学園長はハチャメチャ。グミちゃんは脳内構造摩訶不思議。レンはドンマイ。リンは地味にデータバンク。
    結論。この学園はいろいろどうかしているwww

    2012/06/11 23:29:17 From  Turndog~ターンドッグ~

  • userIcon

    メッセージのお返し

    レンは不純な子←
    出席簿…!それは痛さが半端ない…

    wwwww

    グミちゃんの夢は30%の確率で変な夢ですw
    勇者が悪役ってどう考えても変ですよね!←

    この学園は学園長がアレなので、世間一般と大分ズレてるんですよ。まぁ私が高校をよく知らないから、というのが大きな理由なんですがw((ggrks

    がっくんの攻撃は、いつ何がくるかわからないのです!!←
    ゆかりさんのキャラが大体わかったかとw
    グミちゃんは、しっかりすれば凄くいい子です。
    レンは…本気を出せる日がくるといいねー(棒
    リンは常に情報収集をかかさないので。そして地獄耳。あとは、記憶力が凄くいいんです。
    よく気づきましたね!((←
    いつか設定出すので、詳しいことはそちらで。

    2012/06/12 01:34:11 ゆるりー

もっと見る

▲TOP