Idyl in 3XXX

投稿日:2022/09/30 04:13:08 | 文字数:749文字 | 閲覧数:14 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

3XXX年の牧歌

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

揺れるネオン 黒く染まる
蒼穹すら近くて
山はビルへ そして街へ
巡り巡る日々をスワイプ

狭い空へ街が囲う
刹那は善意無過失
何もせずに どこか疲れ
走ることすらやめてる

夜のはずなのに明るすぎる闇に
星座を探す
朝のはずなのに暗すぎる光に
すり減らしてる

ひび割れたアスファルト 掻き分けて
産み出された牧歌 小鳥は消えて
凍てついたアスファルト 麻痺をして
書き記した牧歌 無機質で

ひび割れたアスファルト 掻き分けて
産み出された牧歌 能天気なソレ
凍てついたアスファルト 麻痺をして
書き記した牧歌 モノクロで

揺れるネオン 何も見えず
バランス崩すハレとケ
愛は数で 名前無くて
陽だまりなんて幻

夜のはずなのに忘れかけた闇は
命を急かす
朝のはずなのに忘れかけた光は
未来を濁す

ひび割れたアスファルト 掻き分けて
産み出された牧歌 小鳥は消えて
凍てついたアスファルト 麻痺をして
書き記した牧歌 無機質で

ひび割れたアスファルト 掻き分けて
産み出された牧歌 能天気なソレ
凍てついたアスファルト 麻痺をして
書き記した牧歌 モノクロで

古臭いお伽話では
人は花を愛し空に手を伸ばす
なぜ?作ればいいのか
花も木々も山も
図面はここに

独りだけの牧歌 その中で
独りだけの牧歌 返事はなくて
独りだけの牧歌 その中で
独りだけの牧歌 続いてく

ひび割れたアスファルト 掻き分けて
産み出された牧歌 小鳥は消えて
凍てついたアスファルト 麻痺をして
書き記した牧歌 無機質で

ひび割れたアスファルト 掻き分けて
産み出された牧歌 能天気なソレ
凍てついたアスファルト 麻痺をして
書き記した牧歌 モノクロで

産み出された牧歌
書き記した牧歌

独りだけの牧歌

作曲が趣味で、超雑食の音楽好きです。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • Idyl in 3XXX

    by おんださとしさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP