「EmA」_歌詞

投稿日:2016/01/13 16:02:48 | 文字数:591文字 | 閲覧数:181 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

改めてはじめまして。Novelと申します。


今回は「EmA」の完成版の歌詞を投稿します。


ニコニコ動画への初投稿作品ということで、自分なりのラブソングを作りました。


ぜひぜひこの歌詞を読みながら聴いてください!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

まぶたを閉じたような暗闇にも慣れて
絶望とも少しは仲良くなってきたころ
当たり前のように君は隣で
僕の名前を何度も呼んでたんだ

まぶたを閉じたような暗闇も彩りを
取り戻すことはいともたやすいな
あまりに単純な僕の心は
君と生きることに飢えていたんだ

本能のままに小さな嘘をつきつづけて
汚れてしまった僕の心は震えていて
それでも君は

気づかぬ振りして当たり前に好きだ言うからその言葉に
見合う言葉を知らない僕は恐る恐るその手を握った
君はまた僕の名前を呼んだ

色を取り戻したこの世界にももう慣れて
それでも君を失うことが怖くて
自意識過剰、被害妄想
僕にはそれしかなかった

怯えるようにでも君の隣を歩き続けた
君の存在が僕にとっては全てだった
何度も君は

気づかぬ振りして当たり前に言葉にするから泣きたくなる
情けない僕を抱きしめて情けなさの強さを教えてくれた
君は震える声で僕に話す

失うことも見失うことも恐れるたび
好きという言葉だけじゃどうにも足りないから
あなたの名前を

呼ぶ続けてるの溢れるくらいに
私だって同じだってそう言って
潤んだ目で笑ってたんだ

君もずっと僕と同じことを思っていたんだ だからずっと
失くさないように途切れないように
僕の名前を呼んでいたんだ
僕も何度も君の名前を呼んだ

そうして紡がれていくものを
きっとこれを世界は愛と呼んだ

ご連絡はこちらに→novelvocaloid@gmail.com ニコニコ動画にてVOCALOID活動をしています。絵師様、動画師様、常に募集しています。ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/54488831

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/23

もっと見る

▲TOP