玩具屋カイくんの販売日誌(149) 夜のカフェ・つんでれ

投稿日:2012/04/15 20:12:52 | 文字数:816文字 | 閲覧数:66 | カテゴリ:小説

ライセンス:

お店の雰囲気を決めるのは、ひとつにはBGM。そう思います。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「あら、ちょっと素敵なお店ね」
店のドアを開けて、りりィさんは、連れの、ゆくりさんを振りかえる。

「いらっしゃいませ」
にこやかに言うのは、バーテン姿がキマッた吉さんだ。
「まあ…失礼ですけど、イメージ変わりますね」
目をしばたかせる、りりィさんだった。

昼はカフェ、夜はバー。
新しい「カフェ・つんでれ」は、2つの顔があるお店。
そして、吉さんも夜はすっかりイケメン風なのだ。


●コーヒーから入るのよー

テーブルに座ろうとして、店内を見わたした2人。

カウンターに座っている、男女が目に映った。
その2人は何か、小声でしゃべっている。

テーブルに座るのをやめ、りりィさんとゆくりさんは、
先客であるその2人とは離れた場所の、カウンターに座った。

「お飲み物は、何になさいます?」
なんだか、声までりりしくなったような、吉さんが言う。

「そうね…私は、モスコミュールを」
りりィさんが頼んだ。
「えーとー、ワタシはとりあえず、コーヒーから入るのー。お酒の前にも」
ゆくりさんはそう言って、目の前のメニューを手にとった。

「…じゃ、この“ルコ坊・特製ブレンド・ガリバー”というヤツ、くれる?」
「かしこまりました」
吉さんはうやうやしくうなずいて、作業にとりかかる。


●先客の2人と…

かかっているBGMも、ちょっとシックな“スムース・ジャズ”。
夜のカフェ・つんでれは、大人のフンイキが漂う、居心地のいい空間。

「ステキなお店ねー」
ゆくりさんはそう言うと、何気なく、さきほどの先客の2人の方を見た。
「あら?なんだ、キディディランドのカイさんと、ミクさんじゃないのー」
カップルかと思ったが、どうやら違うようだ。

「あれ?」
ゆくりさんは、目をしばたかせた。
カイさんとミクさんの前のカウンターの上に、小さな人形が置いてある。

その人形が、ふいに、ピョコンとうなずいたように見えた。(゜o゜;;

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP