投稿日:2018/07/06 06:38:21 | 文字数:553文字 | 閲覧数:56 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

人生の形容。
昔からずっと変わらず1番大好きな"走れ"を意識しました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

S
河の上にぽつりボートが浮かぶ
有り余った人生賛歌も
ここには流しちゃくれない
飴色の空を見る 傘も持たず
三叉路を待ち続け 今日も1人
オールを持った手には雨

A
いつか見た景色は 遠くまで見えた
共に臨んだ仲間だっていた
けれど波は起こるもので
気付けば小さく座っている

B
座礁したって 煽られたって
舵を取ってきたはずなのに
進むべき舟路を逸れて
皮肉めいた傷だけ遺る

C
理不尽と呟いて
懸命に掻いたって
叫喚と泣いたって
何も変わりやしない

S
遠く彼方微かに船が見える
せり上がった感情哀歌を
叫び上げても届かない
艷色の河見上げ 渇き笑う
閑古鳥鳴き憂い 『今日も1人』
オールを持った手には"雨"

A
ここにある僅かさえ 荒唐と思う
酷く強がる心なんてもう
残されてはいないもので
淡色注ぎ足し急いて生く

B
愛別なんて 興亡なんて
一つですらもありはしない
平行に隘路を進む
今以上の傷なんて無い

D
失うものを失い 得るものは無し
不条理だらけの河だとしても
必ず海には出るんだから

S変
今日も明日もきっとボートは浮かぶ
有り余った人生賛歌も
変わらず流しちゃくれないけど
水色の空を見る 傘は要らない
海原を臨むため 今日も1人
オールを持った僕は..."晴れ"

がろあと言います。
歌は作れないので歌詞を作ってます。

バラードを想定したものが多め。
多用表現は暗喩・反復。

もし楽曲で使用して下さる際はコメントやTwitterでご一報いただけますようよろしくお願いします。

Twitterはプライベートですのでフォローする際はご注意ください。フォローしていただける際はご一報ください。ブロックされる可能性があります。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP