小節記念日

投稿日:2022/01/23 20:38:51 | 文字数:745文字 | 閲覧数:18 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

小さな頃に歌ったひとフレーズがいつの間に
振り返るとそばで笑って並んで歩いてたんだ
ずっと見てたって嬉しいときも寂しいときも
届かなくてもそこにいて微笑んでは慰めて

だから気付いてくれて嬉しかったって
謝らなくて良いからそう思うなら歌ってって
遠い街に投げた紙飛行機の返事がくるように
遠い海に預けた小瓶の手紙が返ってくるように


いつからか忘れていたひとフレーズが零れて
気が付くと僕の手を繋いで体を預けてたんだ
ずっと撫でてたって出来たときも失敗しても
意識されなくてもここにいて寂しくても耐えてて

だから歌声が聞けて嬉しかったって
悔やまなくて良いからそう思うなら踊ってって
遠い国に宛てたラブレターの返事がくるように
遠い星の向こうに送った光が返ってくるように


音を辿るごとに跳ねるように笑うんだね
「あの頃の君と同じでしょ」ってニコニコして
涙を堰き止めるように手を繋いでくれるね
「今なら力になれる?」って覗き込んで

刻まれた音が離れることは二度と無くて
小さく折りたたまれて頭の中に眠ってる
いつかそっと吹いた風でめくられたその時に
開いたページから漂った音色が響きだした


いつまでも消えていたひとフレーズが溢れて
まぶたを開けたら涙の向こう側で待ってた
ずっと奏でていた見上げるときも俯くときも
想われずとも寄り添って小さなエール送って

だからメロディに会えて愛おしかったって
堪えなくて良いからそう思うなら轟かせて
遠い遠い時間を超えた再会に安らぐように
遠く遠く離れた僕たちが一瞬で繋がるように


楽しそうに跳ねる足跡に気付いたのなら
僕らに躊躇う理由はもう無いんだね


喜びを響かせたらいつだってその日が
笑顔を奏でる素敵なAnniversary

ヘッダ絵を新緑Verにしてみました。

※2022年4月から不定期投稿になります

(なお、投稿作品を利用する際は利用後の報告で構いません)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP