星空の向こうから

投稿日:2021/09/24 19:25:52 | 文字数:295文字 | 閲覧数:31 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

星空の向こうから


夜空に煌めいた星の向こうから

わたしを呼んでいるあなたがいるの

悲しくて涙に濡れたわたしの胸に

やさしさに包まれた声が聞こえるの

わけもなく泣いているわたしの心の中に

星空が囁いて抱きしめてくれるように

輝く星座の群れがわたしを呼んでいる

やさしいあなたの声といっしょになって






あなたに恋をした時見つめていた

星空が彼方からわたしに告げげてくる

泣かないで今はただ静かに空をを見ていて

いつの日か届くからあの人のところに

それまでは空を見て流れる星を数えて

流星が思い出を運んでくれるから


(君はもうひとりじゃない僕がいるから)

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP