ナイアス

投稿日:2021/11/28 20:27:59 | 文字数:538文字 | 閲覧数:26 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

この世から消えてしまいたい少女の歌

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

独りにしないで
誰でもいいから
冷たくなる前に
この手を掴んで

灰色の月に
願った私は
次の瞬間に
宙へと浮かんでた

黒い羽が生えた
天使が笑いかけた
「おいでよ」と

星の降る夜に
揺ら揺ら微睡む
街を二人見下ろした
ちっぽけな世界に
生きたちっぽけな私の
胸の中から何かが
抜けて落ちていった
白い口角をちょっと上げて
「明日は何しよう?」
無い未来(あす)を想った

天の川を
銀河ごと越えて
流れに逆らって
この手に掬った

灰色の月を
望んだ私は
次の瞬間に
家(そこ)へと戻された

黒い羽が生えた
天使は泣いていた
「まだダメだよ」

星と降る夜に
揺ら揺ら吹かれてる
人工的な輝きが
ちっぽけな世界に
生きたちっぽけな私を
残酷に照らしてる
暗い闇に咲いた
彼岸花に似た色が
体中を染めて
在る現在(いま)を恨んだ

居場所なんてないの
ないんだよ
終わりたい終わらせたい
やめてよ
叫んだってこの声は
届かないから

星と降る夜に

星が降る夜に

星の降る夜に
揺ら揺ら微睡む
街を独り見上げてた
ちっぽけな世界から
生きるちっぽけな私を
黒い天使が此処から
連れ出してくれる事
白いだけのベッドから
「明日は来るでしょう?」
無い未来(あす)を想った

失恋・片想いの歌詞多め。
投稿した歌詞は常時、作曲募集
元ピアプロ名闇猫R

上手い下手とかじゃなくて、自分が書いた文章が好き。なので私は書く。他の、私の文章が好きな人と出会えますように。

※考えながら書く→読み直しなしで投稿のため、誤字脱字等は気づき次第修正

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP