楪 侑子@復活!さん

楪 侑子@復活!さん

yuko_rin27

青春に乗っかるのに必死のJK1。
復活しました!
鏡音廃です。
主に解釈小説を書いています。

可愛いアイコンはアイコン・ショップで苺宮 雛華様に作っていただきました!

アイコン・ショップ
http://piapro.jp/collabo/?id=11219

苺宮 雛華様
http://piapro.jp/miyabi_8910

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(14)

  • めぽ
  • 結菜
  • なのこ
  • ゆ-やん
  • 日枝学
  • 翔破
  • 亜里咲
  • 莉子
  • 希良
  • ranka
  • 紅華116@たまに活動。
  • ほにょん

フォロワー(35)

  • Damy*受験生なので垢殆ど停止
  • riku
  • 風花
  • TOMO★@不安定活動中。
  • vocaloid_sky
  • みんみん
  • 結菜
  • ぼん   元まいテル
  • 高凪
  • 旬花
  • 風みかん*
  • いな

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

【ロミシン鏡音ver.】喜劇のジュリエット1【リメイク】

朝日が雨上がりのアスファルトに降り注ぐ。 雲一つない、快晴。 あたしが世界で一番大切な人に出会ったのは、そんな朝だった。 * 窓から差し込む太陽の光。 少し唸って顔を上げると視界に入ったのは目覚まし時計だった。 ピンク色のかわいらしい時計で、確か3000円以上したはずだ。 そんなあたしのお気に入りの時計があざ笑うように指す時間は… 「8時5分…んんんんんん!?」 普段より一時間以上遅い起床に凛(リン)は一気に顔を蒼くした。 寝癖の目立つ髪もそのままに、あわててセーラー服に袖を通し、 「ごめんなさいいってきます!!!」 ローファーの踵を踏んづけながら大きくお洒落な家を飛び出した。 * 学校まで片道20分。始業は8時10分。 全速力で駆け抜けても絶対間に合わない。 企業の専務であり、厳格な父の怒りに染まった顔が浮かんでは消え、浮かんでは消え… 「お父さんにばれたら怒られる…」 人一倍礼節に気を遣う家庭に生まれた凛にとって、遅刻などあってはならないことだ。 凛には「どうせ遅刻するからゆっくり行こう」という考えは頭の隅にもなく、ただ顔を真っ赤にして通学路を走っていた。 そんな凛が足を止めたのは… (鏡音連、君?) 整った顔立ち…要するにイケメンで有名な隣のクラスの男子だった。 素行が悪く、遅刻、サボリの常習犯である。 奇遇にも凛と連は同姓であり、接点があるように思われるが… (喋ったこと、ないしなあ) 男子と会話するのが苦手な凛にとって、ただの他人でしかなかった。 連は自転車を止めて携帯をいじっていたが、ふと視線を感じたのか、耳からイヤホンを抜き、凛のほうに顔を向けた。 凛は少し緊張した声で、 「鏡音君、だよね?2組の…」 「連」 連は少し考えてから、真っ直ぐ凛を見て言った。 「お前も鏡音だろ?呼び方、連でいい」 微笑を浮かべる連は、芸能人みたいにかっこよくて。 人気があるのも、わかる気がした。 「じゃあ、連君、て呼ぶね。連君は学校いかないの?」 「あー…サボるよ」 サボる。 その単語は凛にとって縁のない言葉。 少し好奇心が沸いた。 「ねぇ、サボるってどんな感じなの?」 連は少し驚いた後、笑った。 「おもしろいこと言うじゃん、凛」 ああ、こういう笑顔を見せる人なんだ。 連のくしゃっとした笑顔が凛の印象にのこった。 こういう笑顔、好き。 そして事も無げに出てきた「凛」。 名前を呼ばれて、凛の胸の真ん中がキュッと縮んだ。 男子と会話することなんてほとんどなかったからだろうか。 「そんなに気になるならさ、さぼればいいじゃん。暇だったら俺でよければ相手するし」 「いいの…かなぁ」 激怒するお父さんの顔が浮かんだ。 だけど。 (もっと知りたい) 連の笑顔を。 胸が縮む、この気持ちを。 「うん!わたし、連君とサボる!」 「やっぱおもしれーよお前。じゃあ、乗れ」 連は自転車の荷台を指さした。 二人乗りなんて、罰則があるものには全く縁がない。 だけど、細かいことを気にするのはやめた。 「わたし、初めてなんだけど…大丈夫かなぁ?」 「大丈夫大丈夫、つかまってろ」 連がペダルを漕ぐ。 風が気持ちいい。 凛の中学2年の晩春は、転機のときとなった。

ブランニュー侑子本格始動です!\(^o^)/

いやなつかしいですねー…
最初の雰囲気をぶち壊すことなく進めています。
設定は基本的に、そのままです。

今回もあうあうはバリバリ入れるつもりです。
あうあうシーン苦手なんだけどね!\(^o^)/
ちゅーとかは体験済みなんで←だま。割とリアルに書けると思います…たぶん。


参考にさせていただいた神pv http://www.nicovideo.jp/watch/sm11970012

神曲な本家様 http://www.nicovideo.jp/watch/sm6666016

もっとみる

投稿日時 : 2013/02/04 18:51

最近の投稿作品 (86)

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP