ヘルケロさん

ヘルケロさん

rodexia

連絡はメッセージかTwitterへどうぞ。
(プロフィールに書いてます)
.
主にコラボのプロジェクトリーダーや補佐で活動中。
小説復活しました。
主に以下、2シリーズを書いています。

《女画家の〇枚目》
女画家・未久を主人公とした恋愛ファンタジー。
ボカロキャラ達がファンタジー調にデコレートされて登場します。

《旅の調べ》
物書き友達の九条みのりさんの旅の紀行です。
私に比べると、非常に優しいタッチの作品になっています。


【プロフィール】
性別:♀
年齢:誕生日参照
誕生日:1993年8月22日
在住:関東
アイコン:ほのかさん作!(http://piapro.jp/pandatype)

Twitter:https://twitter.com/x_kerohell_x

もっと見る

依頼受付中

小説・シナリオ・プロット、担当いたします。

最終更新日時:2018/11/14 07:26:30

ピアプロバッジ

SNSアカウント

フォロー(39)

  • りら
  • れありす@ちょ~多忙
  • るてん
  • シトラス
  • 焦魚
  • lily
  • call
  • ゆーいち@気分次第
  • d4043
  • OkutamaStudio(旧:ももか)
  • Yukitchen
  • あげ

フォロワー(67)

  • 悠樹P
  • lily
  • シトラス
  • 焦魚
  • call
  • ゆるみー
  • zexis_09
  • ゆーいち@気分次第
  • 青蝶
  • 雨宮 桜月
  • kumoia
  • 姉音香凛

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

雪が落ちる

 雪はしんしんと降るのが美しいでしょうか。  それとも、ごーごーと吹き荒れるのが素晴らしいでしょうか。  でも、その町では、雪が落ちてくるのです。  大きな断崖に、無数の横穴。その一つ一つが家である。  眼前には平野が広がっているのに、家屋は一軒もない。 「どうして?」  洞穴の一つ、木の香りが温かい宿で、少女は不思議そうにつぶやいた。外を振り向くと、彼女の桜色の長髪が、ふわりと回った。 「ここでは雪が落ちてくるからです」  青髪の詩人が優しく答えた。  窓ガラスが曇っている。外は凍り付きそうなほど冷えている。少女は、手のひらできゅきゅっと窓を拭いて、外を覗く。平原は雪一粒さえ見当たらない。枯れ草が黄金色に靡いている。 「以前、流氷が漂う港町で、雪が降っているのを見ましたね。でも、ここでは雪は塊で落ちてくるのです。それは他では体験できない素晴らしいものです」  少女はまだ不思議そうにしている。 「見れば分かるよ」  真後ろから声がして、少女はビクッと跳ねた。 「あっ、ごめん、驚かしたね」  緑髪のゆるい三つ編みが美しい町娘だった。服は白地に赤い刺繍を、散りばめるようにあしらっていて、可愛らしい。  詩人にブロッサムの深茶、少女には山羊のミルク。それから言葉を続けた。 「雪が落ちた後は外で遊ぶといいよ」 「外?」 「他の場所じゃ見ないような雪の粒になっているからね」 「雪の粒」 「そう、形が特殊なんだ」  町娘は、テーブルを指さした。ローソクが置かれている。白い糸と青い蝋。直径10センチはある大きなローソクである。火をつけられた痕跡はなく、できたままの円柱を保っている。 「この横側の絵を見てみて」  ローソクの側面を覗き込んでみると、桜の花びらのような絵が彫り込まれている。 「これがここの雪の形なんだ」  少女はじーっと見つめ、それからローソクの彫り込まれた雪を触って、呟いた。 「この雪、冷たくない」  町娘は、あはは、と笑った。 「それは絵だよ。雪じゃないから」  少女はまだローソクをじーっと見ていたが、不意に、ハッと顔を上げた。空気が揺らめいたような気がした。  町娘は明るい笑顔を浮かべ、ぱたぱたとベランダに走り出す。 「始まるよー!」  少女も後に続く。  空を見上げても、雲が立ち込めているだけで、何も動いていない。  ……1秒……2秒……3秒……4秒………………。  刹那、空がきらめいたかと思うと次の瞬間には、轟音と暴風が駆け抜けた。屋根から雪を.落としたなんて軽い音じゃない。雪崩の地響きさえ物足りない。騒音と表現するには分厚く、重低音と表現するには激しく、爆発音と表現するには整いすぎている。そんな轟音が駆け抜け、追いすがるように一陣の暴風が吹き去った。  気づけば、銀世界だった。そして、思い出したかのように、雪は降り始める。ひらりひらりと、花びらの形をした雪は、くるりくるりと、春終わりのように落ちていく。  少女は、平原に飛び出して雪を触った。 「違う?」  ひんやりとしているが、感覚が違った。ベチャベチャしていないし、サラサラでもない。その雪は、綿のように、ふわっと膨らんでいた。小さくつまんでみると、タンポポの花のように、ほのかな弾力があった。そういえば、足裏も、どこか弾んでいる。  少女は雪に倒れてみた。ボスッ。とはならなかった。ふわりと包まれた。海に浮いているようだった。雲の方が近いもしれない。潮の香りはもちろんしなかった。その代わり、どこかからポトフの香りが漂っていた。 「そろそろ夕食の時間ですよ」  町娘の声に、少女は体を起こす。宿からは小さく湯気が立ち込めている。詩人に招かれて宿に戻る。  雪がひらりひらりと降る夜、少女は、雲に寝転がる夢を見た。

お久しぶりです。
ヘルケロです。
本作品は、以下のコラボで投稿したものです。
感想いただけると嬉しいです。

「一つのテーマから、自分の思う作品を作ってみませんか?」
https://piapro.jp/collabo/?id=28551



■設定

テーマ    : 不思議な雪の降り方
少女のモデル : IA
詩人のモデル : カイト
町娘のモデル : 初音ミク

もっとみる

投稿日時 : 2019/01/28 07:06

最近の投稿作品 (92)

▲TOP