優しい傷跡 第15話「本音が知りたいから」

投稿日:2008/12/03 14:52:26 | 文字数:1,908文字 | 閲覧数:912 | カテゴリ:小説

ライセンス:

【登場人物】
咲音メイコ
呪音キク

【コメント】
このUSBのネタ、誰か知ってるかなー。
……たぶん、知ってるよね^^;

ごめん。だって好きなんだ。あのアニメ。
許してー><

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ベランダから飛び降りた帯人と雪子を見届けて、メイコはゆっくりと
立ち上がった。
キクはベランダを見つめたまま、じっとしている。
その口だけは動き続けていて、まるでなにかを唱えているようだった。

「残念だったわね。……あんたの相手でもしてあげる」

そう言うと、ぼんやりとした瞳をこちらにむけるキク。

「あなたにもう、興味はないよ」

「それは、つまり私を殺す気はないってとらえていいかしら?」

「全部言わせないで」

「あはは。ずいぶんご立腹なのね。一つ、聞いてもいいかしら?」

「なに?」

「あなたの目的はなんなの?」

その問いかけに、キクは顔を歪ませる。
そんな彼女に追い打ちをかけるように、メイコは言い続ける。

「あなたが欲しかったものは?心臓?命?…違うわよね」

「……」

「あなたはただ、コップが欲しかったのよ。
 目に見えるコップ(こころ)がね。
 それを見つけるために、自分のマスターを殺した。
 でも、あなたは気づく。そこには心臓だけで、心は存在しない、と。
 だから何人も殺す。何人も、何人も、人間(マスター)ばかりを。
 ………でも、本当は気づいているんでしょ?
 その行いにハッピーエンドはないって事を……」

「うるさいッ!」

キクは片耳を抑えながら、苦痛に顔を歪ませている。
痛いのか?怪我をしているわけでもない。……現実逃避の現れか?

「いい加減、あんたは自分の行いを理解するべきよ。
 あんたの探しているものは見つからない」

「……違うわ」

キクはこちらをじろりとにらみつけて、そして笑う。
口の端が不気味につり上がる。

「見つけたの。……希望に満ちた、愛の形を。
 欲しかった。……マスターへの、ハッピーエンドを」

メイコは息をのむ。

「ッ!?……どういう意味よ」

「そのままの意味よ。私は見つけたの。愛の在処。心の在処を、ね」

「なら、あんたの願いはとっくに叶ってるじゃないッ!」

(あなたが人を殺し続ける意味は、まったくないってことになる。
 なら、どういうこと?目的はないの?これは快楽殺人?なんなの?)

メイコはハッとする。

本来、ボーカロイドはシステムに規制がかかっていて、
集積知能のせいでいくら自律が進もうと、主を殺すことはない。
いくら私のように人間に近づこうとも、決して「殺害」はできないのだ。

…………『抑制』されているから。

しかし、唯一『抑制が非合法に解除される』ケースがある。

それが、つまり『エラー』だった。

彼女が一番最初に殺したのは、大好きな主(マスター)。
彼女が第二に殺したのも、他のボーカロイドの主(マスター)。

完全に規制が無くなっている。つまり『暴走状態』だ。
自分の欲望さえ、抑えることができない。

「……もしかして、あなたは人を殺したくないんじゃないの?」

「…」

「『エラー』によって、『心を見つけ出したい』という思いに
 しばられている。
 今の自分の意思とは関係なく、
 『エラー』によってあなたは殺戮を続けているんじゃないの?」

そう言うと、キクは腹を抱えて笑い始めた。

「あははははああっはははッ!馬鹿じゃなの?ホント、君ってダメね♪
 勘違いもいい加減にして。気遣いなんていらない。詮索も無駄。
 私はただ、欲しいから殺しているだけよ。
 それ以上の理由も、それ以外の理由もないの」

キクは最後に「サヨナラ」と言うと、ベランダのほうへ歩き出した。
どうやら、彼らの後を追うつもりらしい。
それだけは阻止しなければならない。

キクが完全に私から注意をそらした。

今だッ!

メイコは後ろからキクに飛びかかった。
残っている片腕を彼女の首に回し、はがされないようにしがみつく。
突然のことで反応の遅れたキクだったが、すぐにメイコを引きはがそうと
首に回された手を握ってきた。
首を引っ張られるせいか、彼女が一瞬つま先立ちになる。

(負けるもんかッ)

メイコはその瞬間を逃がさなかった。
足を引っかけて、そのまま片腕だけで投げ飛ばした。
投げ飛ばすと言っても、十分な力がない分、床に転がるような形になったが。
(いつもはカイトを壁にめり込ませている)

キクもすぐに立ち上がろうとするが、
その前にメイコは彼女の上にのしかかった。

そして、すぐに彼女は自分のUSBケーブルを取り出す。

「悪いけど、見させてもらうから」

自分も『エラー』になるかもしれない。なんてことは考えなかった。
ただ、彼女の真実が知りたくなった。

キクの首筋にUSBを差し込んだ。

【お休み中】

===========================================

「優しい傷跡」は三部作ですが、三部の途中で書けなくなりました。
続きは書けませんが、そこまでのお話は残しておくつもりです。
二次創作やら派生やらは、一言いただければ基本okです。
これからは何となく書いた歌詞を載っけていくつもりです。
よろしくお願いします。

帯人・がくぽ・ミクオ・欲音ルコが大好きです。

下から飛べますよ♪

===========================================

優しい傷跡
http://piapro.jp/content/7q5hqtkfhff7gpll

優しい傷跡 番外編
http://piapro.jp/content/prenayotf2qetyrj

優しい傷跡-魔法の音楽時計-
http://piapro.jp/content/p6xkwgja3thb4jvs

優しい傷跡-君のために僕がいる- (中断)
http://piapro.jp/content/3itb7ja54w5dp7y1

もっと見る

作品へのコメント4

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    !?Σ( ̄□ ̄

    おめでとうございます正解です!(≧ワ≦人 パチパチパチ

    2009/05/03 17:43:24 From  アイクル

  • userIcon

    ご意見・感想

    プロジェクトIGって、もしかしてUSBのネタは「攻殻●動隊」から

    2009/05/03 06:45:34 From  七の月

  • userIcon

    ご意見・感想

    残念♪違うんですねー^^
    ちょ●っツは見たことがないので、そこからとってきてはないですよ。

    実は有名なアニメに、こういうシーンがあるんです。
    USBではないんですけど、コードを首の後ろにww

    わかっちゃう人はわかっちゃうー!恥ずかしいー!≧□≦
    モロバレすると「プロジェクトIG」さんのアレからです(笑

    知ってる人は知っているーwww知らない人はスルーしてーwwww

    2008/12/14 17:31:16 From  アイクル

  • userIcon

    ご意見・感想

    え?このネタってもしかしてあれですか?
    人型パソコンの最終回ネタ(ちょ●っツ

    2008/12/11 01:38:45 From  kazuna7613_oyashiro

もっと見る

▲TOP