KAITOの種16 中編(亜種注意)

投稿日:2009/04/06 01:58:54 | 文字数:1,411文字 | 閲覧数:250 | カテゴリ:小説

ライセンス:

ま さ か の 中 編 w w w
えー……終わってない上に進んでないってどういうことー?

マジで終わる見込みがないんです。
何故かって?
文章が思いつかないんだよ!ひらめかないんだよ!!
だからこんな酷い文なんだよー………誰か助けてー……orz
あまりにもな感じで凄く歯痒いです。
調子いい時に書き直してぇ…。

コウが活躍しまくってて自分で笑いましたww
つか予想外にマスターが使えないwww
あ、モカ空気wすまん;



そろそろ本家様に泣きつきに行きたいです←
http://piapro.jp/content/?id=aa6z5yee9omge6m2&piapro=f87dbd4232bb0160e0ecdc6345bbf786&guid=on


4月6日 12:01
無茶ぶりキターwww
全然考えてなかったなー…。
今度番外編ラッシュでもしますかー。
そのうち思い付くだろうし。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

何度もお礼を言い、電話を切って、冷蔵庫へと向かう。
そういえば…買い物しないで帰ってきたのだった。
不安だったら種を植えたのと同じアイスの方がいいと言っていたが。
カフェモカアイスあっただろうか。
見落とさないように冷蔵庫を漁る。
…残り一つ。ギリギリだな。
というか足りない気がするが。
とりあえずこれを食べてもらおう。
アイスを片手に二人の元へ戻る。
コウがモカの手を握っていた。
……………………………………。
……コウ、ありがとうな。
コウの頭を撫でる。
少々キョトンとした顔をされたがすぐにむっとしながら抗議してきた。

「みっみみ!」

どうやらモカを放っておいたと文句を言っているらしい。
苦情を聞きつつ、モカに声をかける。
大丈夫か?
モカは目を閉じたまま頷いた。
アイスを一匙掬い、モカの口元へ持って行く。
が、寝転がったままだと食えないと思いもう片方の手でモカの身体を支えながら起こす。
掌に感じる温度はやはり熱い。
怠そうに、モカは掌に寄り掛かりながらこちらを見る。
熱のせいで涙が浮かんだ瞳は、とろんとしていて焦点があっていないようにも思えた。
スプーンに掬ったアイスを差し出すと小さく口を開けたので、入れてやった。
するとモカは半ば飲み込むようにして食べた。
元々アイスは噛まないで食べれるが、それでも飲むと言った方が近い食べ方だ。
それを何度か繰り返した。
だが、三分の一程食べたところで、もういらないと言われた。
足りるのだろうか。
無理して食べてもよくないとは思うが、いくらなんでも少ない気がする。
本当に、大丈夫なのか?

「……………だい……じょ…っ……ぶ……で、す………」

うっすらと、モカは笑った気がした。
多分気のせいだとは思う。
もう一度聞こえるか聞こえないかぐらい小さな声でモカは呟いた。大丈夫だと。
…だからこそ、心配になる。
アイスをソファに置く。
モカをクッションに寝かしてやり、額に浮かぶ汗を拭ってやる。
残ったとはいえ、カフェモカアイスはもうない。
買いに行った方がいいだろうか。
でもモカをおいて行くのも心配だ。
どうするか。
悩みながら二人の元へ戻る。
またコウが怒っていた。

「みーっみみみみ!」

…なんだ?

「み!みーみっみみ!!」

何かを伝えようとしている。
それがなんなのか、感じ取るためにコウと高さを合わせて、目を見る。

「~っ、み!みーっ」

自分を指差し訴える。
じれったいとでもいうように、地団駄を踏みながら。
そして一瞬表情が変わったと思うと、ソファに置いてあるカフェモカアイスに顔を突っ込んだ。
だんだんとコウの色が変わっていく。
カフェモカカラー、モカの色に。
驚いていると、コウが顔を上げて怒鳴った。

「マスター、そんなに心配なら俺に任せてアイス買いに行けばいいじゃないですか!」

え……?

「俺が、いますからっ、マスター一人じゃないんですよ!」

コウ…。
必死の表情。決意のある、瞳。

「俺に任せて下さい!絶対、大丈夫です」

だから、と続けるコウの口を指先で塞ぐ。
ハンカチをソファに投げ捨てるようにして置き、床に放置されている上着を乱暴に拾い上げた。

「マ、マスター?」

買いに出る。モカの事は頼んだぞ。
驚くコウに言い放つ。
感謝と信頼を込めて。
大きくコウが頷いたのを確認して、飛び出すように家を出た。

自分の辞書には「自重」とか「遠慮」などの言葉が欠けている様です。


素敵なアイコン画像を予感子様からいただきました。
兄さん必死です。
ありがとうございましたー。



・思い出とオルゴール後書き
ここまで閲覧いただき、ありがとうございます。
何故ここに書いたかといいますと、あの場に余計な文を書きたくなかったのです。雰囲気を大事にしていたので、それを壊すことはしたくありませんでした。…まぁ壊れる程雰囲気が出ていたかわかりませんが。

このお話は所謂死ネタというものです。文をぼかしていますが、最後は二人とも亡くなっています。
始まりで作者である自分が「KAITOと種KAITOの違いを追求した一つの結果」と言いました。まさにその結果がこの終わり方です。
種KAITOは生きている。KAITOは生きていない。これがこのお話の大前提です。
だから種KAITOはマスターが死んだ後、天国まで追いかける事が出来るのです。

KAITOの亜種というからにはKAITOに似ている部分、KAITOと違う部分、両方ある筈だと思っていました。アイスが好きなところ、顔が似ているところ、マフラーをしているところ。皆似ています。
では違いは?と考えた時に先に述べたあの考えが出てきました。性格に関しては元が性格あるものではなく、それこそ好きな性格を創造出来るので省きました。うちの子設定とかありますしね。
そのほかにも違いはあると思います。成長すれば大きくなりますし。

自分の中で種KAITOは死ぬと霧散します。アイスから生まれたので最後は溶けてなくなるのでは、と思ったのです。
そしてもう一つ、マスターが死んだら種KAITOも死んでしまいます。
…この設定については「KAITOの種シリーズ」でいずれ出そうと思っています。

長々書きました。すみませんお喋りで。
いずれ修正して投稿し直そうと思っています。自分にとって大切なお話なので完璧にしたいのです(笑)
タグ、コメントありがとうございました。
特にタグは思い入れのある話なのでいい話と言われて嬉しかったです。…最後、ああなってしまいましたが、いい話だと思っていただければ幸いです。
まだまだ語りたいことはありますが、そろそろ失礼致します。
次はいつもの通り書きたいです。それからもうすぐチャラい種KAITOことモノの話を書きたいですね。…挑戦状の締切が迫っています(笑)

ここまで読んで下さって、ありがとうございました!

もっと見る

作品へのコメント6

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    エメル様
    凄い活躍してますよねwwww
    マスターも作者もビックリですww
    モカイトは食欲そのものがないのではないかと……。
    アイスも食えないとか重症だな…(人事)
    何考えてるですかwwwwww
    色々無駄遣いですよwww
    うわぁ…英語にまでなっちゃってるよwww
    スランプは着実にレベルアップしています。
    シチュが浮かばないから文章が思い付かないって状態です。
    対策考え中でございます。そのうち爆発するかもしれませんww

    閲覧&コメントありがとうございました!

    2009/04/08 20:05:51 From  霜降り五葉

  • userIcon

    ご意見・感想

    なんだかコウくんがかっこいい!ずいぶんと成長したんだなぁって思いました。
    でもモカくん大丈夫かなぁ・・・アイスが全部食べられないなんて
    胃腸風邪で食欲が全くないときでもアイスだけは食べられたよ、私w
    むしろあの時はアイスしか食べれなかった。後遺症で1ヶ月くらいアイス生活してたw

    病名考えてみた
    種KAITO性体温調節障害(Seed KAITO nature Temperature instability=SKTI)の発作
    なんちゃって

    スランプ悪化してるんですね・・・
    私も若干スランプぎみ?シチュは思い描けてもなかなか文章に起こすことが出来ないです;;
    言葉って意外に難しいですよね。
    もう最近は作曲に逃げてます・・・早く書かなきゃと思うんですけどね。
    スランプに立ち向かう霜降り五葉さんはすごいと思います~

    2009/04/08 12:55:10 From  エメル

  • userIcon

    ご意見・感想

    ちはれ様
    寡黙になりませんでしたね。
    ある意味ではモカイトの本当の姿なのかもしれません。……なんてカッコイイ事を言ってみたりww
    なんか今の自分には無茶なリクエストがきてますが、そっちの方ではモカイトに近い氷菓イトが出てくると思います。
    まぁ現時点で何も思い付かないんで何とも言えませんがwww
    初めてスランプに立ち向かってる気がしますwwスランプに陥ると書かなくなるタイプなので。
    ただそうすると半年とか普通に書かなくなってしまうので今回頑張ってます;
    おかげでこんな文なわけですが;;
    もう少し粘ってみます。

    閲覧&コメントありがとうございます!

    2009/04/07 22:07:07 From  霜降り五葉

  • userIcon

    ご意見・感想

    やっと更新読みにこれたー。
    そしてモカアイス食べても寡黙にならなかったのにびっくりだw
    責任感が強そうな感じは、ちょっとモカに似ている気もしますけどね。

    端々から霜降りさんがもがいてる感を受けますねー。
    好きな本読むとか落書きするとか外に向かって叫ぶとかwスランプ脱出にはいろいろありますけど、
    書いていくものが見えるうちは形にしていった方がいいと思いますよ。
    直すのは後でいくらでもできますけど、書きあげてないとどうしようもないですからね。

    2009/04/07 21:40:06 From  ちはれ(花見酒P)

もっとみる(6)

もっと見る

▲TOP