玩具屋カイくんの販売日誌(192)  リンちゃん+“はっちゅーね”の行方は?

投稿日:2013/04/14 15:47:48 | 文字数:1,061文字 | 閲覧数:296 | カテゴリ:小説

ライセンス:

ミクさん+リンちゃんの“はっちゅーね”。今回は、どうもルカさん陣が、モノにしそうですが…

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

霧雨さんのブースに向かって、ルカさんがゆっくりと歩いてきた。

「ルカさん!」
「たこるかちゃん、おつかれサマ」
彼女は、たこるかちゃんに向かって微笑んだ。

「あら、れおんさん。どうしたの?」

たこるかちゃんは、ルカさんにこれまでのいきさつを、手短かに説明した。

「そうなの!れおんさん、リンちゃんと“はっちゅーね”を、ウチの会社でキャラクターにしたいの?」
「そうデスヨー、どうですか、ルカさん。ヒット間違いなしと思いマス」

ルカさんは、腕を組んで言った。
「面白いわね。でも、リンちゃんはどうですか? それに、肝心の、作者のミクさんは…?」

「こないだね、ミク姐さんと会ったよ」
リンちゃんは、話しはじめた。

「姐さん、アタシのブログ、けっこう気に入っててサ。“リンちゃんがいるから、はっちゅーねが話題になるわー”って、はしゃいでいたよ」
彼女は、胸を張って言った。

姐さん、と言っているが、もちろん実の姉妹ではない。でも、リンちゃんは、キディディランドの常連で、ミクさんと仲が良いのだった。


●取られると、悔しい…

ブースの前で、会話が盛り上がるのを見て、コヨミ君は思った。

「ううん…。あの能天気な、れおんさんに“はっちゅーね”のネタを取られちまうのは、少々、惜しい」
コヨミ君は、めずらしく悔しそうに、唇をかんだ。
「“はっちゅーね”は、いつかはボクのいる会社、“鑑定団”で、コラボしたかったんだ」

どうやら、彼は「ハミングス」を、ライバル会社のように、意識しているらしい。

「どうしたの?コヨミさん」
後ろから声をかけられ、彼ははっと我に返った。

「なんだか、妙に“熱血”してるじゃない?」

笑いながら、こちらに来るのは、テトさんだった。


●宿命のライバル!?

「あら!テト」
彼女のその姿を見つけて、ルカさんは、声をかけてきた。
「あれっ。ルカじゃないの。どしたの?」
テトさんも手を振る。

「そうか。テトは、テト・ドールで、このイベントに出展していたのね」
ルカさんはうなずいた。

テトさんは、彼女の方に近づいていった。
その様子を、とりまきのリンちゃんのファンたちは、興味深そうに見守っている。

コヨミ君は、ふとブースの前の霧雨さんを見て、つぶやいた。
「そうでした。ルカさんとテトさんは、親友でしたっけね」

すると、霧雨さんの腕の中の“はっちゅーね”が、つぶやいた。

「ルカ VS テト。親友であり、宿命のライバルに、なりそうだよ、お立会い」(⌒-⌒*)v

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんにちは! 早速拝読させていただきました! コメント遅くなりまして申し訳ありません!

    うーむ、どうも、テトさん陣営、ルカさん陣営の、”リンちゃん+はっちゅーね”取り合いバトルが勃発しそうですね! こういうのは、特にゲーム会社の”キャラ取り合い”で、聞き慣れている関係で、結構冷静に読めたりします。

    前に、ミクさんの曲”ミクミクにしてあげる(してやんよ)”の権利で、取り合いが勃発して、当時のファンの眉を曲げさせた事を思い出します。まぁ、すぐに解決して、以降、”ボカロ曲の権利ガイドライン”がしっかりしてきたのですけどね。

    やっぱり、これから”イケる!”と思うキャラの権利って、企業にとってはゴールドでダイヤモンドなんだと思います。1からキャラを作って、どさ回りさせて、人気を作っていくのって、今ではもう無理なのかもしれません。そういう意味でも、多くのファンと有能クリエイターが一気に作っていった”ボカロ”の文化って、国の広報機関ですら、”国の文化”、って形で紹介するほど、おいしい文化なのでしょうね。

    一部の”使い捨てするだろう企業”からの頼みは、クリプトンさんがことごとく断っている事は、本当に英断だと思っております。

    あ、すみません。次回のルカさんvsテトさんのバトル、楽しみにしております! ではでは?♪

    P.S ビブリアの件、漫画1巻を読み、小説1巻を読み、貴方の前のコメントを読んで、改めて、”ドラマの低視聴率記録”、が、”ドラマ化を望まないファンも多い”事の表れである事がわかりました。あの作品は、漫画までで止まるべき作品ですね。アニメにもするべきではないと思いました。ドラマ主演のあの方の”感想”から責任を追求するネット住民がいますが、それはお門違いだと思ってます。責任はプロデューサーと監督関係だと思ってます。彼女は台本に書かれた通りに演技するだけの人ですから。

    2013/04/19 12:04:43 From  enarin

  • userIcon

    メッセージのお返し

    enarinさん、メッセージありがとございます!

    >前に、ミクさんの曲”ミクミクにしてあげる(してやんよ)”の権利で、取り合いが勃発して、当時のファンの眉を曲げさせた事を思い出します。まぁ、すぐに解決して、以降、”ボカロ曲の権利ガイドライン”がしっかりしてきたのですけどね。

    なるほど、そういう経緯があったのですね。

    私は前に言ったように、ルカさん発売の頃からのファンですので、ミクの当初のそうしたいきさつは知りませんでした。でも、たしかに、取り合いになることは、つまり、それだけ大きな人気がある、と考えられますね!
    enarinさんの指摘されるとおりでしょう。


    >一部の”使い捨てするだろう企業”からの頼みは、クリプトンさんがことごとく断っている事は、本当に英断だと思っております。

    そうなんですよ。そのあたりが、キャラのビジネスのシフトの変換期だと思います。マスメディア=使い捨て、消費。ですからね。
    ユーザー発信の文化は、そうではないですよね。


    >次回のルカさんvsテトさんのバトル、楽しみにしております! 

    ありがとうございます。巨人の星ではないけれど、最大のライバル、すなわち最大の親友、ですからね(笑)


    >P.S ビブリアの件、漫画1巻を読み、小説1巻を読み、貴方の前のコメントを読んで、改めて、”ドラマの低視聴率記録”、が、”ドラマ化を望まないファンも多い”事の表れである事がわかりました。あの作品は、漫画までで止まるべき作品ですね。

    のぞまない意見も多かったですね。
    私はまず、アニメにすべきだと思いました。それも地味に。ちょうど、アニメの「時をかける少女」のように、小規模館でやるようにですね。

    それが、いきなり脈絡もなく、大きな力でねじこまれた様なドラマ化の感がしたので、首をかしげたのです。でも、あのドラマは駄作ではなかったですね。(良作でもなかったけど(笑))
    最後の“低視聴率記録”は、ちょっと意外でしたが。

    けっきょく、角川メディアワークスによる「ビジネス」化の、ちょっとしたつまづきという感じですね。
    でも、小説は楽しいし、あと、ドラマの役者さんも頑張っててたと思いますよね。

    まだ、注目していけるコンテンツかもしれませんね。


    お話の方もまた、感想を聞かせてくださいね。
    それでは、また。

    2013/04/21 15:15:56 tamaonion

  • userIcon

    ご意見・感想

    tamaonionさん、今日は!

    ルカさんの登場で、はっちゅーね人形の商品化がハミングスの手で実現しそうな予感。一悶着あった、れおんさんの野望も…じゃなかった、れおんさんの夢も、いよいよ叶いそうですね!

    リンちゃんは、はっちゅーね作者のミクさんを姐さんと呼ぶほどに仲がよかったんですね。ブログと彼女本人の効果で、いい宣伝になってますね!

    しかしその影で、鑑定団のコヨミさんも同じことを考えていたとは。取られるのは悔しい。このまま指をくわえて見ているのは面白くない。さてはて、コヨミさんはどうするのでしょうか?

    それに加えてテトさんまでやってきましたね!親友でありながら、商売面では宿命のライバル。この賑わうコミケ会場で、ちょっとした波乱が起きそうな予感がします。

    このままハミングス陣が、はっちゅーね人形をモノにしてしまうのでしょうか。それとも…?
    また次回も楽しみに待ってます!

    2013/04/15 10:54:14 From  オレアリア

  • userIcon

    メッセージのお返し

    オセロットさん、感想をどうもありがとうございます!
    いつも読んでくれて嬉しいです。

    >しかしその影で、鑑定団のコヨミさんも同じことを考えていたとは。取られるのは悔しい。このまま指をくわえて見ているのは面白くない。さてはて、コヨミさんはどうするのでしょうか?

    そうですね。すんなり決まると、争奪戦になりませんしね。ひと波乱来そうですネ。

    >それに加えてテトさんまでやってきましたね!親友でありながら、商売面では宿命のライバル。この賑わうコミケ会場で、ちょっとした波乱が起きそうな予感がします。

    ええ、テトさんはこのお話ではけっこう重要な役です。だてに“アラサー”してない、というところですね(笑)

    >このままハミングス陣が、はっちゅーね人形をモノにしてしまうのでしょうか。それとも…?

    ですね?。あと、もうひとつ、どうして人形がしゃべるのか、の謎も…。黙ってモノにされはしないかも知れませんネ。

    また、感想を聞かせてくださいね。
    それでは、また!

    2013/04/16 22:02:11 tamaonion

もっと見る

▲TOP