玩具屋カイくんの販売日誌(185) 楽しいナチュラルグッズ、スタート!

投稿日:2013/02/24 18:43:08 | 文字数:1,246文字 | 閲覧数:234 | カテゴリ:小説

ライセンス:

お騒がせさんのブースで、また、何か起きそうな予感がしますネ。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「雑貨&コミックフェア」の会場は、ますます、お客さんが増えてきた。
テトさんとコヨミ君がいるブースにも、先ほどからたくさん来場者が詰めかけている。

テト・ドールをはじめ、陳列している商品の説明で、2人とも大忙しだ。

ひとしきり、お客の流れがとだえたところで、テトさんはフーッと一息をついた。

「バイヤーさんの名刺、ずいぶん溜まっちゃったね」
コヨミ君は、入口に置いた名刺入れを逆さにして、たくさんの名刺をトントン、と揃えて言った。

一般のお客さんも結構いるが、今日はいろんなお店から“買い付け”に来る人も多い。
いわゆる“バイヤー”だ。

「そうですね。これから、一人ひとりに連絡、忙しいですね」
テトさんは言った。


●人気のナチュラルグッズで…

すると、そこに一人の男性がやってきた。

「ああ、先程はどうも!いらっしゃいませ」
コヨミ君が挨拶し、相手も、にこやかにお辞儀をする。

テトさんに向かって、コヨミ君が彼を紹介する。
「さっき教えた、コラボレーションの企画をお話しした“ナチュラルグッズ”の企業の方ですよ」

「はじめまして。YMOYMO企画(いもいもきかく)のホソノです」
ちょっと、もさっとした感じの、でも温和そうな中年の男性が、丁寧に挨拶した。

「はじめまして。テト・ドールを作っています、重音テトです」
テトさんも、挨拶を返す。

コヨミ君がそれを、にこやかに見守っている。

ホソノさんは、ゆっくりと、でも親しげに話をする。
「うちは、ふだん“動物愛護”とか“野生生物を守ろう”という感じで、ぬいぐるみとかシールや文具を企画している、ライセンス会社なんですよ」

コヨミ君もあいずちを打って、テトさんに言った。
「雑貨店や、キャラクターショップですごく人気のグッズが多いんだよ。ナチュラル・グッズでね」


●にぎやかな会場ですね…!

ホソノさんは続ける。
「いつもは、動物のキャラが多いけど、あなたのテト・ドール、いいなあと思っていたんですよ、以前から」

「わあ、そうなんですか」
テトさんは大声を出した。

「テト・ドールの“ナチュラル・バージョン”が出せればいいな、って話をさせてもらったんだ、さっき」
「いろんな新企画を、出していこうと思ってるんです」

ホソノさんたちの言葉に、テトさんは、目を輝かせた。
「わぁ、すごいです」

「でも…いろんなグッズがあって、どうしようかと迷ってたんです」
ホソノさんは、微笑みながら言った。
コヨミさんに出会えて、良かったですよ。とにかく、賑やかな会場ですよね」

そういって、彼は隣のホールの方を指差した。

「さっきも、女の子が人形を抱いて、ブースの前で、撮影会みたいなことやっていたよ。なんか、しゃべる人形だったな…ブースの前が、賑やかでしたよ」

それを聞いて、テトさんとコヨミ君は、顔を見合わせた。

「しゃべる人形? 女の子?ひょっとして、霧雨さんのとこじゃない?」…・・・(゜_゜i)

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんばんは、大変遅くなりましてすみませんでした。家で大変なことがおきまして、今、時間がとれたので拝読させていただきました。

    さて、早速ナチュラル関係の方が出てきましたが、YM○の細○様が出てきたのがツボでした。なるほど、そう来ましたか!

    そしてボカロやUTAUをご存じな方なら、なんでYM○が出てくるかは、たぶんご存じであり、私も勿論知ってます~。アルバム、出てますね。

    小室さんも、YM○の方々も、ボカロなどの音声合成技術には大変興味津々で、実際、小室さんは、独自ヴァーチャル歌手”MANA”を作って、GET WILDをカバーさせてましたからね。

    シンセ関係も含め、こういう楽曲には、デジタル音声であるボカロやUTAUとの親和性は高いのだと思います。方向性も同じですし。

    これからが楽しみな展開です!

    ではでは~♪

    2013/03/01 20:55:42 From  enarin

  • userIcon

    メッセージのお返し

    enarinさん、感想を有難うございます!

    >家で大変なことがおきまして、今、時間がとれたので拝読させていただきました。

    読んでくれて、ありがとうございました。ツイッターとかで、少し読ませてもらいました。お大事にされてください!なにかご協力できれば良いのですが…

    >そしてボカロやUTAUをご存じな方なら、なんでYM○が出てくるかは、たぶんご存じであり、私も勿論知ってます?。アルバム、出てますね。

    >シンセ関係も含め、こういう楽曲には、デジタル音声であるボカロやUTAUとの親和性は高いのだと思います。方向性も同じですし。>小室さんも、YM○の方々も、ボカロなどの音声合成技術には大変興味津々で、実際、小室さんは、独自ヴァーチャル歌手”MANA”を作って、GET WILDをカバーさせてましたからね。

    そうですね。ボカロとテクノは、親和性がありますね。むしろ、つながっていると考えるほうがいいでしょうか...。

    大変な時と思いますが、ご無理されずに、でも良い方に向かわれる事を祈っております。
    ご自身の健康もご留意されてくださいね。

    2013/03/03 17:03:20 tamaonion

  • userIcon

    ご意見・感想

    tamaonionさん、今晩は!
    前回からの続き、楽しみに待ってました!

    フェアの会場も、更なる賑わいをみせていますね。ドンとやってきたお客さんに、コヨミ君とテトさんは休まる暇もない…でもここから、テト・ドールの人気と注目度が伺い知れますね!

    自分もバイヤーとしてコミケに行った時に、セーラーさんの名刺でいっぱいになりました。名刺入れを用意していなかった不手際もありましたが…(笑)

    コラボのお相手、YMOYMO企画のホソノさんとは上手くいきそうですね。これでナチュラルver.のテト・ドールの実現も近い!?
    それにしても喋る人形に女の子といえば…これはもう、霧雨さんしかいな(ry

    今回もブクマいただきました!このコミケ編はtamaonionさんの文表現からでしょうか、会場の情景や賑わいが鮮明にイメージできます。お忙しい中かもしれませんが、次回もこの続きを待っています!

    2013/02/25 23:26:34 From  オレアリア

  • userIcon

    メッセージのお返し

    オセロットさん、コメントありがとうございます!

    >自分もバイヤーとしてコミケに行った時に、セーラーさんの名刺でいっぱいになりました。名刺入れを用意していなかった不手際もありましたが…(笑)

    なるほど、オセロットさんもイベントがお好きなようですね。イベントの会場は独特の雰囲気があっていいですよね。
    名刺を後で整理したりするのも、大変だけど楽しいですね。


    >コラボのお相手、YMOYMO企画のホソノさんとは上手くいきそうですね。これでナチュラルver.のテト・ドールの実現も近い!?

    ですね?。お話の人物や設定は、できればモデルとする人や物を考えてますけど、この状況は「商売の相手」をミックスさせた複合的な存在です。
    これからテトさんが、いろんな取引をする、という感じですネ。

    >それにしても喋る人形に女の子といえば…これはもう、霧雨さんしかいな(ry
    あはは、悪女じゃないですけど、いい人が多いボカロ・UTAU界隈で、なぜか存在感が広がってます。

    >会場の情景や賑わいが鮮明にイメージできます。お忙しい中かもしれませんが、次回もこの続きを待っています!
    ありがとうございます。何かが起こりそうなシチュエーションだし、イベントはやっぱりいいですね!

    また、ぜひ感想を聞かせてください!
    それでは、また。

    2013/02/27 22:50:40 tamaonion

もっと見る

▲TOP