江戸の華★火消し!

投稿日:2019/08/17 13:17:17 | 文字数:759文字 | 閲覧数:11 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

火消しのかっこよさを「炎炎の消防隊」で連想し、歌詞にしました。


どなたか曲・絵をつけて下さる方を応募してます。

ボカロはどのキャラでも良いです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「江戸の華★火消し!」 調Cm希望

(1番)(Aメロ)

枕の丸太が 叩かれて
Cm Cm  Fm/C Fm  Cm
   
頭が痛いぜ 目が覚める 
Cm Cm Fm/A Am G

出番と言われて 法被着て
Cm Cm    Fm/C Fm  Cm

白足袋履いたら 出陣よ
Cm Cm    Fm/A Am G

(Bメロ)

半鐘の音を 頼りにし

火事場の方へと 駆け急ぎ

運よく俺たちゃ 一番のり

纏(まとい)を上げたら おっぱじめ

(サビ)
それ、刺す股、鳶(とび)口(ぐち)、木槌でよ

火元は粉砕 完璧さ

火の粉の火傷は 勲章でぃ

こちとらお江戸の 火消しでさぁ



(2番)(Aメロ)

非番の時には 左官でよ

家でも造って 日を過ごす

それでも 粋と酔狂は

忘れちゃだめだぜ 江戸っ子だもの

(Bメロ)

走りと熱さに 強くなきゃ

なかなか 仲間に認められん

努力と根性の 汗姿

お天道様だきゃ おいらを見てくれる

(サビ)

それ、火事場で見せるは馬鹿力

日頃の鍛錬、魅せつけろ

火勢と熱さにモテるのは

おいらの本職

火消しゆえ

(間奏)

壊し屋、怖いと言われても

火事で広がる怖さから

守る仕事がおいらたち

憎まれ役なの怖くない


火事を消すのは正義だが

正義は何だと聞かれても

おいらは知らんと言うだけさ

代わりに知ってることならば

粋と酔狂

こちとら 江戸っ子でぇい!



(ラスサビ)

それ、刺す股、鳶口、木槌でよ

火元は粉砕完璧さ

法被と白足袋 この姿

お江戸の華だぜ てやんでぃ



それ、火事場で魅せるは馬鹿力

火元は跡形遺さない

女房とガキども 守るため

本職、火消しが 参ります

こんにちわ

詩が書きたくて来ました

歌詞を書いて意見をいただき

自分の刺激としたいです

音楽は好きです

大学は合唱部

ヒトカラの方が年間利用は多いです

楽器はピアノが少々

作曲できる人、羨ましいです

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP