enarinさん

更新は相変わらずゆっくり目ですが、安定してきました。

ようこそ!、きのこ駅前商店街へ! 第6話 抗い(あらがい)し者達 > ブクマでつながった作品

ようこそ!、きのこ駅前商店街へ! 第6話 抗い(あらがい)し者達

<ようこそ!、きのこ駅前商店街へ! 第6話 抗い(あらがい)し者達>

(支配世界・メインストリート)

がくぽとルカは、メインストリートを駆け抜け、木之子神社を目指していた。

ルカ:はぁ、はぁ・・・・しかし、本当に歪んだ世界ね。メインストリートの道がぐにゃぐにゃ。
がくぽ:スプリットして出来た“こちら側”の様相は、おそらく“10年前にスプリットさせた誰か”の深層心理を反映した物のはず。この推測の根拠は、わかるね。
ルカ:はい。がくぽさん、リンさん、マスターのような思念が実体化できる世界だからですね。
がくぽ:そう、ココロも実体化できる、ということだろう。

ルカ:あ!、あの先にビルが見えました!。
がくぽ:何もないといいのだが・・・!、止まって!!。

ルカとがくぽが足を止めた、1歩手前から、槍が数本、8方向から突きだしてきて道をふさぎ、それは大きな壁に変わった。

ルカ:あ、危なかった・・・。
がくぽ:ここは・・・英会話教室前か。

(支配世界・英会話教室“E.M.T”前)

英会話教室のビルの入り口から女性二人が出てきた。

???:あらま!、勘がいいワネ~。
???:トラップを見抜かれたカ・・・。

がくぽ:・・・アンとプリマか。

アン:Yes!,スウィーーーーーート・アンですワ。
プリマ:プリマでス。

ルカ:アンさん・・・プリマさん・・・・やっぱりこうなっちゃうんだ・・・・
がくぽ:既にこの前の二人を撃破して仕組みはわかっている。茶番をするつもりはない。さっさと出てこい!。

前と同様に、彼女らの周りに青いオーラが現れた。

アン:ホー、ならオヨビトアラバ。我、『先導』の守護霊、その名、ミカエル・・・・このものに“憤怒の槍”を与えん!。
プリマ:我、『博愛』の守護霊、その名、ガブリエル・・・・このものに“守護の結界”を与えん!。

アンの左手に、片手で扱えそうな大きさの槍が、そして、プリマの右手の甲には、星型の刻印が現れた。

ルカはしっかと刀の束を握りしめた。緊張からか少し汗ばんでいる。

がくぽ:それがあんた方の能力、というわけか。槍は攻撃、結界は防御・・・と。
プリマ:能力を隠す必要はないワ。その通りヨ。
アン:そして、これから、それをたっぷり味わうのは、あんた方ヨ!!!!。

今回は何故か、彼女ら二人とも足を動かさなかった。その代わり動かした物は、アンの左手だった。アンの位置からルカ達の方向に無数の“槍”が螺旋状に飛び出してきた!。

がくぽ:さっきの“槍の壁”は、この能力の予兆か。だが、この程度の物、破壊して一気に勝負をつけさせて貰う!。ルカさん、私の後についてきてください!。アンから先に勝負をつけます!。
ルカ:は、はい!。

がくぽは封印刀の腹、つまり刃の方で次々と槍を斬り払いながら駆け抜け、素早くアンに近づいた!。そしてアンの手前まで来てがくぽは左に回避した!。

がくぽ:ルカさん!、頼むぞ!。
ルカ:えい!。

後ろをついてきたルカは分霊刀をアンの前で振り下ろした!。しかしアンには何も反応がなかった!。
がくぽ:そんなばかな・・・は!。

がくぽはアンの足下を見た。そこにはいつの間にか“星形の光る結界”が出来ていた!。そして、その横に立っていたプリマは右手の甲をかざしていた。

アン、プリマ:ご名答。これが私たちの攻守コンビネーション。さぁ、どうスル?。

ルカは危険を感じてがくぽの後ろに待避していた。

ルカ:がくぽさん・・・どうしましょう・・・これでは分霊出来ません・・・。
がくぽ:むむむ・・・。
アン:さーて、槍のチャージも完了したわヨ。まぁ私たちは誰かさん達と違って、むやみやたらに撃ったりはしないワヨ。

ルカ:くぅぅ、いつも一緒に並んでいるから、プリマさんの動きを封じておく事も出来ないし・・・・。
がくぽ:(!)

がくぽは何かに気づいたようだった。こそこそ声でルカになにか話しかけた。

がくぽ:(もう一度さっきと同じ攻撃を仕掛ける。でも今度の貴方はアンの頭上から振り下ろすだけじゃなくて、振り下ろしたら思いっきり二人を横断するように横に斬ってください。十字を斬るような感じです。いいですか?)
ルカ:(え?、でもアンさんには効果がないのはわかったし)
がくぽ:(やってみればわかります。さぁ!、行きます!)

こうしてがくぽはさっきと同じように、アンに向かう動作をした。

アン:まだ来るワケ?、良いでしょう、槍の餌食になりナ!。

アンは先ほどより本数の多い槍を同じく螺旋状に飛ばしてきた!。同じようにがくぽが斬り払っていく!。そしてアンの前に来て左に回避した!。後ろにいたルカがアンの頭上から分霊刀を振り下ろした。

ルカ:ええええい!。
アン:無駄無駄無駄!。

当然アンの下には結界が作られていたので効果は同じく無かった。しかし・・・、

ルカ:うりゃぁぁぁ!!

ルカは休みを入れず、向かってアンの左側から一文字を書くように横に素早く斬った!。

アン:なに?!。
プリマ:うああああああ!!!!!

なんと!、“1個しか結界を作れない”プリマまで連続で斬り払ったため、プリマの分霊だけ成功したのだった!。
がくぽ:封印!!!!!
白い霧:そ・・・そんな馬鹿な・・・・・・

プリマの白い霧はがくぽの封印刀の刃先に吸引されて封印されてしまった。アンの結界が消えていく!。

アン:しまった!!!!!

ルカ:おりゃぁぁぁ!!!!!!

ルカはがくぽの作戦の先の事を無意識に行っていた!。結界の切れたアンが槍のチャージを終える前に、今度は右から左にアンを斬り払った!!。軌跡から白い霧がアンから出てきた!。

白い霧:こ・・・この娘・・・・強くなっているのか!!
がくぽ:封印!!!!

先ほどと同じように、この白い霧も封印刀に封印されてしまった。

その場には気絶したアンとプリマが倒れていた。

ルカ:はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・こ、これで4人撃破・・・・・

がくぽ:(!、このルカという人物、“戦闘の潜在能力”、まであるというのか・・・。一戦毎に覚醒している・・・)
ルカ:はぁはぁ・・・・次・・・行きましょう。
がくぽ:あ、ああ、先を急ごうか。

二人は最初に作られた壁がなくなっていたので、メインストリートを先に進むことにした。

***

(???)

リンとレンはこの戦闘を映し出していた“モニター”を眺めていた。

リン:レン・・・・どうする?・・・・ルカ、なんだか知らないけど、“強く”、なってる・・・。
レン:・・・・大丈夫だ・・・・次の二人はそうはいかない。

☆オリジナル作品第2弾である、「ようこそ!、きのこ駅前商店街へ!」の第6話です
☆今回は前回の戦闘編の続きです!。トリック付きの殺陣シーンなので雰囲気はこれまでとはちょっと違いますね。
☆戦闘の表現は、意外に字数を取るので、2戦分だけで1話になりました。

第1話:http://piapro.jp/content/gd0jb59ytd308t92
第2話:http://piapro.jp/content/0a4lbg5h8w17bo26
第3話:http://piapro.jp/content/tgh0ul4dkragiduz
第4話:http://piapro.jp/content/92pp7g2rnd88oid3
第5話:http://piapro.jp/content/jfzky2abv7r9bg4w

投稿日時 : 2010/03/02 17:31    投稿者 :enarin

ヘルプブクマでつながった作品とは?
▲TOP