タグ一覧 > タグ『BIG-AL』の作品

  • 「VOCALOID HEARTS」~第26話・夢を紡ぐ者たち~ オレアリアさん 閲覧数:965
    2013/12/24
    21:05

     国連会議への出席で訪れたニューヨークで、友人である結月ゆかりと再会した巡音ルカ。その後、彼女はアルと名乗る捜査官に狙われ、命の危険に晒されたが、ゆかりたちの助けによって事無きを得る。しかしアルは、自分の立場を利用して国家権力を行使し、再び彼女を消そうと企む。逃げ場が無くなったルカたちは、ゆかりの友人である兎眠りおん、そして自身の恩人のスイート・アンに助けを求める。
     だが獲物を仕留めようとする狩人は、すぐそこまで来ていた。車で逃げる彼女たちに、刻一刻とタイムリミットは迫っている。ゆかりは携帯電話を手に持ち、電話帳を開いた。
    「アンさんに繋げます。少し待って下さい」

  • 花祭り 宵祭り ささささん 閲覧数:893
    2010/04/29
    19:04

    宵闇降り立ちて この日を包む
    小暗き無間を裂け天狼星
    土には篝の火 囲めや囲め

  • Ashtray (Big-AL Version) さはらさん 閲覧数:769
    2012/08/31
    01:16

    Smoking my thoughts all away
    I couldn't make you stay
    How do I forget your face

  • 「VOCALOID HEARTS」~第25話・希望を繋げる者たち~ オレアリアさん 閲覧数:665
    2013/12/24
    21:53

     皐月の某日、アメリカのニューヨーク。巡音ルカは国連総会の出席後、海岸に面したとある公園を訪れていた。結月ゆかりとの再会もあり、心の和んだルカだったが、そこへアルと名乗る捜査官がやってきた。アルはルカを犯罪者集団から護衛するためにやってきたと言うが、ルカは気にかかっていた数々の不審な点を指摘し、アルが偽の捜査官だと感づく。アルは微笑を浮かべた後、消音器が取り付けられた拳銃をルカの眉間に突きつけた。
    「…巡音ルカ、あんたほどの聡明な女は初めてだ! それにそこの筋金入りの犯罪者どもよりも勘が鋭い。まったくご立派だよ!」
    「…で、これからどうするのかしら」

  • 「VOCALOID HEARTS」~第24話・海の向こう側で~ オレアリアさん 閲覧数:637
    2013/12/25
    16:19

    「お待たせ、ゆかりちゃん」
    「あっ、ルカさん。お待ちしてました」
    「隣に座っていいかしら?」

  • 「VOCALOID HEARTS」~第27話・君に幸あれ~ オレアリアさん 閲覧数:589
    2013/12/24
    21:34

     男の名はアル・トーテンコップ。ある人物からの依頼を受け、連邦捜査官の立場と職権を利用しながら、巡音ルカを消すために命を狙う。ルカはいわれのない冤罪で、追われの身となる。対するは恩人を守るために戦う、結月ゆかりと側用人の瑞希。ルカと共に逃走を図り、アルの襲撃を受けるも何とか難を逃れた。だが、これで終わったわけではなかった。執念深いアルの魔の手は、再びルカを掴もうとしている。
    「はっ、あれは…!」
    「どうしたの瑞希ちゃん?」

  • Little Toy Robot ささささん 閲覧数:560
    2010/01/24
    22:06

    I am a robot, a clockwork toy robot, live in your toy box for a longtime
    Wind the spring on my back as usual, and I begin to walk with a clattering
    In this room anywhere, If you've a scare, and I come to you everywhere

  • 蒲公英が紡ぐ物語 第51話 matatab1さん 閲覧数:424
    2013/07/14
    13:18

     変わりゆくもの
     目の前の敵兵が傾いで視界が開ける。手近の一群をかろうじて斬り捨てたトニオは、がっくりと膝を付いて項垂れた。息は上がり、鼓動が耳を打つ。双剣の一本は半ばで折れ、もう一本には亀裂が走っていた。
     ここまでか……と自身の限界を悟り、重い頭を持ち上げる。周囲は血の海だ。王宮兵士と革命軍兵士、そして赤い鎧の兵士が倒れている。未だ庭園のどこかで戦いの音が聞こえるが、決着が付くのも時間の問題だろう。

  • 蒲公英が紡ぐ物語 第48話 matatab1さん 閲覧数:394
    2013/06/02
    18:43

     王子の守護者
    「来たか……」
     反乱軍の先鋒が到達するまで間も無く。見張りからの報告を受け、アルは武器を握る手に力を込める。斧と槍が複合された長柄武器が僅かに揺れ動き、石突きが地面を撫でた。

  • 蒲公英が紡ぐ物語 第11話 matatab1さん 閲覧数:307
    2012/04/29
    11:43

    救う者 救われた者
    後は自分達に任せて欲しい。二人からそう言われて、レンは後ろ髪を引かれる思いをしながら、その意見を聞き入れる事にした。
     本音を言うなら、救助隊に加わってリンを捜したい。しかし、先程トニオが指摘した通り、もうそんな事をする体力は残されていない。行った所で周りに迷惑をかけるだけだ。

  • 蒲公英が紡ぐ物語 第20話 matatab1さん 閲覧数:297
    2012/07/25
    14:44

     変わるもの、変わらないもの
     リンがリンベルとして王宮に仕えるようになり三ヶ月。
     先輩のリリィから指導を受けつつ、リンは王子直属のメイドとして働いていた。最初の頃は激変した王宮に戸惑ったものの、玉座の間や王子の私室までは派手になってはおらず、おそらく上層部の貴族がやったのだろうと判断が出来、レンの趣味ではないのに安心した。

  • BIG-AL用日本語入力研究(メモ) Retusaさん 閲覧数:296
    2014/08/29
    19:12

    まずボーカフォネティックを導入する。使用するユーザ辞書はSweetAnn用。
    デフォルト歌唱スタイルのアクセント、ディレイは原則0、調教時に個別で調節。
    VELは原則127、[s][m][f]等の箇所は後で耳で確認しながら適宜変更。

  • 蒲公英が紡ぐ物語 第35話 matatab1さん 閲覧数:292
    2012/12/13
    16:49

     断ち切りし因縁
    「何事ですかな。王子殿下」
     白々しい挨拶を述べるスティーブに舌打ちを堪え、レンは玉座から宰相を見やる。慇懃無礼の態度が酷く癪に障るのは、故意に火災を発生させておきながら王宮で安穏な生活を貪っていた事実を知ったからか。

  • Amygdala's Rag Doll (lyrics) Terminatorさん 閲覧数:261
    2020/02/18
    08:27

    I hide
    I hide
    In iodine words

  • 蒲公英が紡ぐ物語 第10話 matatab1さん 閲覧数:255
    2012/04/21
    22:11

     命の重さ
     騎乗したレンは王都の中心部を駆け抜け、貧民街に一番近い地区を突き進んでいた。風を切りつつ街を見てみると、どうやらここまでには火の手が回っていないらしい。その事に安堵を覚えたが、レンは不安と恐怖を抱えたままイノベータを走らせる。
    「何で……。何で!」

  • 蒲公英が紡ぐ物語 第34話 matatab1さん 閲覧数:247
    2012/12/02
    18:18

     内なる敵
     騎士団が出立した黄の国の王宮。剣の稽古帰りにリリィを見かけ、レンは通りがけに尋ねた。
    昨日からリンベルの姿が見えないが、何か聞いたりしていないか。

  • 蒲公英が紡ぐ物語 番外編 第19.5話 matatab1さん 閲覧数:237
    2012/09/08
    18:53

     各々の悩み
    「ふあ……」
     黄の国王宮。日の光がさんさんと降り注ぐ中庭で、リリィは口を押さえて大きく欠伸をする。庭園を抜けるそよ風が、腰近くまで伸びた金髪を揺らした。

  • Baby Bear 歌詞 gcmstyle(アンメルツP)さん 閲覧数:232
    2012/09/05
    00:33

    「Baby Bear」
    作詞・作曲・編曲 アンメルツP
    Baby bear good night!

  • 蒲公英が紡ぐ物語 第12話 matatab1さん 閲覧数:232
    2012/05/09
    10:58

     変化の一石
     ドアを激しく叩く音。声がかき消されそうな中、レンは顔を上げて少女に簡潔に伝えた。
    「ごめん。多分騒がしくなる。君は傷つく事を言われるかもしれない」

  • 蒲公英が紡ぐ物語 第38話 matatab1さん 閲覧数:210
    2013/01/25
    12:05

     偽りの忠誠
     黄の国騎士団が青の国へ出立して一カ月。
     落ちぶれたとはいえ、一級品の装備に身を包んだ多勢の騎士団は瞬く間に海向こうの国を侵攻した。第三王子カイトが暗殺された事件によって混乱する青の国は勃発した戦争への対応が遅れ、各地を占領される事になった。

  • 【BigAl】「My Last Song」【オリジナル】 ラウラさん 閲覧数:206
    2012/08/13
    03:51

    「My Last Song」
    歌詞:
    My life is ending

  • スケッチブック・セイレーン 歌詞 gcmstyle(アンメルツP)さん 閲覧数:204
    2014/06/15
    14:56

    「スケッチブック・セイレーン」
    作詞・作曲・編曲:アンメルツP
    原典:小説『リンちゃんなう!SSs』(著:sezu)内「転校してきた鏡音さんの歌声を独り占めしたい。」

  • P名呼ばれただと…(fullVer.) 異議ありPさん 閲覧数:160
    2011/04/11
    21:51

    ま・さ・か・の
    P名呼ばれたよ♪ P名呼ばれたよ♪
    マジだよ

  • 【※流血表現強め】四獣物語~魔蟲暴走編③~ 【あっとほーむ】かなりあ荘【物書き発祥の地?】 閲覧数:118
    2017/01/23
    23:47


    「くそっ……遅かったか……っ!!」
    悔しげに、レンが破壊された町の門を叩く。

  • 四獣物語~魔蟲暴走編②~ 【あっとほーむ】かなりあ荘【物書き発祥の地?】 閲覧数:104
    2017/01/20
    01:03

    《ジリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ!!!!!》
    山を超えてきた未来と流歌が町の中へと突入した瞬間、凄まじいアラームが町中に鳴り響いた。
    各地のスピーカーが思わず耳を塞ぎたくなるような警告音を掻き鳴らし、周囲の獣や鳥たちも蜘蛛の子を散らすように逃げ去っていく。

  • 玩具屋カイくんの販売日誌 (76) ネルちゃんの携帯ケース tamaonionさん 閲覧数:90
    2010/09/30
    22:24

    ●ギャラリーの担当がたずねてきた!
    「それで、できれば、ネルさんにもぜひ、作品を出してほしいんです」
    彼女は言った。

  • 玩具屋カイくんの販売日誌 (81) レンくんの絵本 tamaonionさん 閲覧数:87
    2010/10/30
    13:19

    土曜日の午後。
    野呂間アル夫さんたちは、きょう、明日の2日間、
    路上の小さなテントのブースで、雑誌やグッズを売っている。

  • 玩具屋カイくんの販売日誌 (72) ルコ坊のストーリー・フォト tamaonionさん 閲覧数:85
    2010/08/28
    12:57

    カフェ・つんでれで、恒例の「クラフト教室」が開かれている。
    キャシー先生の、元気のいい声がひびく。
    きょうの授業は、アルバムの写真をテープやシールでデコする「スクラップ・ブッキング」だ。

  • 玩具屋カイくんの販売日誌 (128) 新ドールと、「ガリバー・コーヒー」 tamaonionさん 閲覧数:81
    2011/11/13
    15:52

    「へぇ、こんな展示もやってるのね」
    テトさんとデフォ子さんは、店内に入ってきて、展示を見回した。
    ギャラリー「ゆうひ」では、いま、イラスト作品を展示している。

  • Te:ler 異議ありPさん 閲覧数:78
    2011/09/18
    21:28

    Also the morning when sleepiness remains
    Also daytime as for which the small belly was vacant
    Also night set to one

  • 玩具屋カイくんの販売日誌 (50) たこるかちゃんとクロミク・ドリンク tamaonionさん 閲覧数:78
    2010/03/20
    11:22

    テッドさんの会社、「重音舎」で、
    テトさんとテッドさん、そしてグーグレ出版の野炉間有夫(のろま あるお)さんが、打合せをしていた。
    新しいキャラクター「クロミク」の絵本と、コピーライト(商標登録)のアイデア会議だ。

  • 大嫌いな君と嘘 異議ありPさん 閲覧数:76
    2011/06/04
    22:51

    もう戻れないんだね
    君といた時間
    正直頭にきてるんだ

  • 玩具屋カイくんの販売日誌 (87) ネルちゃんの、オマケ大作戦 tamaonionさん 閲覧数:71
    2010/12/18
    22:10

    ●吉さんの、はっちゅーね人形
    「あれ、なあに? 吉さん。その人形」
    ネルちゃんは、思わず声をあげてしまった。

  • 玩具屋カイくんの販売日誌 (70) クロミク、商品展開すすむ tamaonionさん 閲覧数:70
    2010/08/07
    14:00

    「ふぅん、いろいろ展開するんですね、クロミクで」
    カイくんは言った。
    「ええ。それで、これからは“ファッション”関連の製品も出していきたいんです。よいデザイナーを探しているんです」

  • The world is not one person 異議ありPさん 閲覧数:69
    2011/04/17
    17:37

    I thought that I lived alone.
    It was felt that I was more solitary than anyone.
    However, it has been understood that it is supported if it notices and I was weak.

  • 玩具屋カイくんの販売日誌 (119) メグさんの看板アイディア tamaonionさん 閲覧数:67
    2011/09/04
    17:43

    「それは、昨日、入荷したんですよ」
    神居店長は言う。
    「キャンディに、ミクちゃんの顔がついてるね~」

  • 玩具屋カイくんの販売日誌 (114) すてきなカイコちゃん tamaonionさん 閲覧数:66
    2011/07/31
    15:20

    「よく、こういうギャラリーには来られるんですか?」
    アル夫さんが、にこやかにカイくんに話しかけてくる。
    「え?え、ええ...たまに、ですけど」

  • 玩具屋カイくんの販売日誌 (94) 4コママンガ「マイティ・デフォ」 tamaonionさん 閲覧数:66
    2011/03/05
    21:12

    「へえ、面白いね。ウタちゃん、おめでと!」
    「うん、ありがと」
    テトさんの言葉に、照れくさそうに笑うデフォ子さん。

  • 玩具屋カイくんの販売日誌 (96) みんなでチャリティ・イベント! tamaonionさん 閲覧数:64
    2011/03/26
    20:41

    「うわっあ! この方が有名なギャル社長のミクさんですかー。すんごいなや」
    本人を前にして、子供のように騒いでいるネルちゃん。
    「ど、どうも...」

  • 玩具屋カイくんの販売日誌 (89) アン店長と、健康グッズ! tamaonionさん 閲覧数:63
    2011/01/22
    14:19

    ●アウトドア・グッズが人気だ!
    「あの、野呂間さん、ちょっと聞いていい?」
    アン店長が、売り場の雑貨を手にとっている、野呂間さんに話しかけた。

▲TOP